現在不倫騒動で活動自粛中のベッキーさんを「あざとい」と言い、非難を浴びている中田敦彦さん。
⇒ベッキーを批判・非難する芸能人まとめ!タレントとして問題!

こういった発言があったりと現場関係者からは、またテングになっているのではないかと言われています。

 

そんな渦中にある中田敦彦さんですが、

一体どんなテング行動・発言をしているのでしょうか?

過去のテングなった事と合わせて調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

テング中田敦彦について!天狗発言・行動で非難・批判殺到?

中田敦彦 テング

中田敦彦さんといえばデビューしてまもなくして「武勇伝」ネタで、大ブレイクを起こしました。

その為、苦労もせずにいきなり活躍したため天狗になってしまいました。

過去のテング時代エピソード

時代を作りたい!

中田敦彦さんは当時、やりたいことがないかと聞かれた時に映像作品を撮ることを提案します。

「普通の笑いを作りたいんじゃないんですよ。僕、時代を作りたいんすよ」

とまだ間もないお笑い芸人なのに時代を作りたいとテング発言をします。

コンビ仲が最悪!

上手く言った時は自分のおかげで、上手くいかなければ相方のせいにして「テングの鼻と鼻がぶつかり合っていました」

 

ラジオの生放送中に2人がマジで大げんかをしたほど仲が悪くなったこともあり、最終的にはネタ作りは中田敦彦さんがしていたので藤森慎吾さんが折れて仲なおりをしました。

全部人のせいに!我慢が足りない

天狗になって干された後も、事務所やマネージャーに文句を言っていました。

 

オリエンタルラジオさんは若手にもかかわらず苦労もしておらず、

その為我慢することが全く無く文句も当たり散らしていました。

現在も中田敦彦がテングになっている?

そんな干された苦難を乗り越えて、現在は個々での活動でもキャラを確立させ、最近では新リズムネタ「PERFECT HUMAN」で話題となり人気も再加熱をしています。

 

しかし、中田敦彦さんの発言・行動が少しずつテングになってきていると話題になっています。

スポンサーリンク

ベッキーを非難!擁護する芸能人から苦言!

中田敦彦さんはベッキーさんが週刊文春に手紙を渡したことに対して、

「あざとくみえる」

と発言。

 

そのことに同じ芸能人のお笑い芸人宮迫博之さんは、

「憶測でそんなひどいことをテレビでよく言うなぁと思う」
「アッちゃんもいろいろ言うてますけど、会ったら僕キレてやろかと思ってます」

と怒っていました。

 

またネットでも

「何様?」
「テングは黙ってろ」
「あざといのは自分だろ」

とかなり非難されています。

テングで出演も選んでいる?先輩が暴露している?

こいった発言で先輩方から呆れられたのか、いろんな事を暴露されています。

 

ナインティナインの岡村隆史さんは、オリエンタルラジオをゲストに呼んだんですが、「沖縄映画祭」に参加するため「先輩の誘いを断った」形になりました。

 

しかも、同じ「沖縄映画祭」に参加予定だったジョイマンは断って岡村隆史さんのラジオに出演したため、

「ほんで『劇場は出ぇへん』とか、あっちゃん(中田敦彦)言うたりとかして。そんな事になってるわけですよ」

と熱が入ったのか、中田敦彦さんがテング発言をしていると暴露します。

中田敦彦、現在のテングは”自覚的な天狗”?逆効果で身内・視聴者からと批判・非難殺到!

「しくじり先生」際に

「『負けてからビックマウスになる勇気』それが必要なのだ。『自覚的な天狗は、夢の成功者』だと」
「いつかもう一度大ブレイクすることが出来たら言ってみたい言葉として『普通の視聴率とりたいんじゃないんです!天下取りたいんです』」

と発言しており、現在のテングは「PERFECT HUMAN」でブレイクした事により、”自覚的な天狗”を有言実行しているのでは無いかと思います。

 

しかし、そのテング発言・行動が先輩・関係者達からも敵に回すような事になってしまい、逆効果になっていることは事実です。

このまま”自覚した天狗”としてやっていくのか、今後の中田敦彦さんの身の振り方がどうなるのか気になります。

 

せばな~