2016年8月2日放送の「今夜くらべてみました」に出演する田中律子さん。

田中律子さんは「トリオ THE 海の深みにハマる女」として海やマリンスポーツが好きすぎて、沖縄に移り住んでしまったほどです。

 

そんな田中律子さんですが、

田中律子の海が好きになった理由・きっかけは?

海好きでどんな活動をしている?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

田中律子は海・マリンスポーツ好き?なぜ?きっかけは?沖縄に移り住んでサンゴ移植活動?

田中律子プロフィール

田中律子 海

生年月日    1971年7月17日
出生地     東京都
血液型     O型
職業      女優
ジャンル    テレビドラマ
活動期間    1985年 ~
事務所     ボックスコーポレーション

 

田中律子さんは、東京都町田市小田急百貨店で現事務所にスカウトされてモデルとしてデビューして、12歳から芸能活動をしていました。

 

当初はグラビアやモデルとして活躍を果たしていました。

 

1989年に連続ドラマ「愛しあってるかい!」で出演がキッカケで、以降は女優業が増えて活動をしていきました。

 

しかし、バラエティ番組の司会や歌手としてもシングル11枚、アルバム5枚を発売しヒット作は出なかったものの、マルチに活動をしていました。

田中律子の海が大好き!きっかけは沖縄!サンゴ移植活動も行うほど!

もともとアウトドア派だった田中律子さんは、14歳に機内誌の撮影で初めて沖縄に訪れて、

「何、ここ~!?」
「まさに竜宮城のように思った!」

と沖縄の海に魅せられて、海が大好きとなります。

 

そのため、18歳でダイビングのライセンスを取得して以降は、3ヶ月に1回位と暇な時間ができれば、沖縄に行って海に潜りに行っていました。

スポンサーリンク

田中律子、特定非営利活動法人「アクアプラネット」を設立?どんな活動?

すっかり沖縄の海にハマリ、沖縄に移住するほど好きになった田中律子さん。

 

それだけでなく、沖縄の美しい海を守ろうと2006年に特定非営利活動法人「アクアプラネット」を設立します。

 

田中律子さんは、沖縄の海でダイビングでサンゴが死滅していく姿を目の当たりにして、このままでは駄目と考えてNPO法人を立ち上げました。

 

「アクアプラネット」では、サンゴを守るために保護や再生活動を行っています。

再生活動は陸で育てたサンゴの苗をボランティアで集ったダイバーさんの力を借りて植え付けていく方法です。

 

しかし、活動は「追いかけっこ」のように植えても海水温が上昇が免れず難航しているようです。

それでも何もやらないのではなく、少しずつでも改善しようと頑張っています。

きっかけは沖縄の海!田中律子、恩返しの活動は辞めない!

幼い頃から動かすことが好きでアウトドア派だった田中律子さん。

 

そしてふとしたきっかけで沖縄の海に出会い、遊ばせてもらった、感動した恩義から特定非営利活動法人「アクアプラネット」でサンゴを守る活動をしてきました。

 

今後も沖縄の海を守るために地道に頑張ってもらいたいです。

 

せばな~