2016年9月25日放送の「林先生が驚く初耳学!」にて

「卓球台が青色になったのはタモリさんのせい」

という問題が出るようです。

 

日本では老若男女問わず知っているタモリさんですが、まさか卓球の歴史を変えるほどとは…

 

ということで今回は

なんでタモリさんのせいで卓球台が青くなったの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ卓球台が緑色から青色になった?タモリのせい?「卓球根暗」発言で部員減少!

時は1980年代後半にさかのぼります…

 

「笑っていいとも」の人気コーナーである「テレフォンショッキング」にミュージシャン・織田哲朗さんが出演した時です。

 

織田哲朗さんが学生時代に卓球をやっていたという話をした所、タモリさんが、

「卓球って根暗だよね!!」

と発言。

 

これが思わぬ波紋を呼び、なんと翌年の中学生の卓球部入部人数が激減するという事件が起きました。

 

いくら国民的人気番組である「笑っていいとも!」と国民的に人気あるタモリさんの発言といっても、ここまで社会に影響を与えるまでとはだれも予想打にしなかったでしょう…

日本卓球協連盟ピンチ!チャンスに変えた卓球台を緑色から青色へ!そして世界基準に!

卓球部の入部人数が激減したことにより、日本卓球の衰退危機をかんじた日本卓球連盟。

 

そのため日本卓球連盟はイメージアップを図って従来の卓球台の深緑色を一新して、青色の卓球台を使うようになりました。

 

そして1992年のバルセロナオリンピックでは日本発祥の青色の卓球台が使われて世界中に広まっていきます。

 

現在はほとんどの国際大会では青い卓球台を使うようになり、日本発祥の青い卓球台は世界基準となりました。

スポンサーリンク

タモリ、「卓球根暗」発言で緑色から青色に!卓球台を変えた!

何気ないタモリさんの発言から変わった世界の卓球台の色。

 

日本で卓球人口を減らすタモリさんの発言力も凄いですが、これが後に世界基準とまで上り詰める為、卓球台の青色にした日本卓球連盟も凄いです。

 

これからも日本卓球連盟には時代の流れによって、変化させる柔軟性のある対応をしてもらいたいです。

 

せばな~