2017年11月31日放送の「今夜くらべてみました」では、実家が高級老舗料亭の田畑智子さんが出演します。

 

そんな実家が高級老舗料亭ですが、となると田畑智子さんの父親や母親と家族も凄そうですが、どんな人物なのでしょうか?

 

ということで今回は、田畑智子さんの父親や母親といった家族はどんな方々のか調査したいと思います。


スポンサーリンク

田畑智子 プロフィール

田畑智子 実家
(画像引用元:http://pds.exblog.jp

生年月日    1980年12月26日
出身地     京都府京都市東山区
血液型     A型
職業      女優
ジャンル    テレビドラマ・映画
活動期間    1992年~
事務所     フロム・ファーストプロダクション

 

田畑智子さんは12歳の時に「カノックスフィルム」に所属し、1992年公開の映画「お引越し」の主演女優としてデビューを果たします。

 

同作品では「キネマ旬報新人女優賞」「報知映画賞新人賞」等と数々の新人賞を総なめにして一躍注目を浴びます。

 

以降はドラマや映画等とコンスタントに出演し、1996~2001年まで久世光彦演出ドラマ「向田邦子シリーズ」に毎年出演しています。

 

2000年にはNHK連続テレビ小説「私の青空」でヒロインに選ばれ、2002年には連続テレビ小説作品史上初の続編「私の青空2002」放送されるほどです。

 

2003年に日本で公開されたディズニー映画「リロ・アンド・スティッチ」の吹き替えで声優デビューも果たしています。

 

2004年には大河ドラマ「新選組!」で近藤勇の妻・つね役、映画では「血と骨」でビートたけしの娘役、「隠し剣 鬼の爪」では吉岡秀隆の妻役といずれも重要な役柄を演じます。

 

その後も「月曜ゴールデン」「土曜ワイド劇場」といったサスペンスドラマ、2011年「鈴木先生」2012年「リーガルハイ」等と連続ドラマ、映画も2016年「鉄の子」で主演等と現在も活躍しています。

田畑智子の実家は料亭で父親と母親は?姉や祖母も芸妓で家族が凄い!

田畑智子さんの実家は京都の祇園で300年も続く老舗料亭「鳥居本」で、両親からかなり厳しい家庭環境で育っています。

田畑智子 実家
(画像引用元:http://i.rubese.net

幼い頃から京都の老舗料亭らしく両親に厳しくしつけられ、実家の周辺には遊び場もなくて両親から礼儀作法、立ち居振る舞い、気遣い、言葉遣いまで叩き込まれます。

 

実際に夜間のトイレは客人と共用だから短時間で済ませたり、家では「京言葉」厳守で、正座を常にしろと言われていました。

 

また習い事も数多く経験しており、学校も聖母学院小学校、聖母学院中学高等学校、金光大阪高等学校といずれも校則が厳しく、学校生活もかなり縛られていたようです。

 

そのため、当時は厳しい躾に不満だったようですが、この教育のお陰で時代劇では着物や作法が出来ていたりと、女優として活用できたとして感謝しているとのことです。

母親は京都No1の美人芸妓

「芸妓」とは、歌や踊り、三味線等の芸で宴の席で盛り上げる仕事の事ですが、田畑智子さんの母親は京都No1の美人芸妓と言われていました。

田畑智子 実家
(画像引用元:http://smarttrend.blog.fc2.com

画像を見れば分かりますが、気品ある美人女将で田畑智子さんは母親に似て美人になったようですね。

 

また田畑智子さんの母親は理想の家族を問われた際は「うちの家族が理想です」と答えたりと肝が座っている用に見えます。

 

しかし、実は関ジャニ∞の大ファンだったりと、厳しそうな母親ですが、軽い一面も持っているようです。

母親が結婚を反対している?

田畑智子さんは俳優の岡田義徳さんと交際して結婚が報じられていますが、田畑智子さんの母親はそれでも結婚を反対しているとのことです。

「基本的に、結婚には反対なんですわ。だって、仕事ちゃんとしてるんやろか(笑)」

それも旦那であるの岡田義徳さんが決して主役級ではないため、今後の先行きが不安と娘を心配してでした。

 

「今後は周囲に迷惑をかけんように2人で頑張るなら、最終的には本人たちの判断に任せませるしかありません」

「やっぱり彼がそばにいてくれて、あの子も心強いんやと思います。いろいろ言いましたけど、2人が幸せになってくれたらそれでええんです」

しかし、最終的には本人たちに任せると結婚を了承しており、娘の田畑智子さんの元気で幸せになってくれれば良いと、あくまで娘が心配で言った結婚反対でした。

スポンサーリンク

田畑智子の父親は8代目当主

田畑智子さんの父親は300年も続く老舗料亭「鳥居本」の8代目当主で料理を振る舞っています。

 

一見、老舗料亭だと父親は頑固そうですが、好きな食べ物はオムライスや牛丼で、夜食に田畑智子さんが作ってくれていたとのことです。

 

また料理研究で参考にしている書籍は「美味しんぼ」だったりと、老舗料亭だからといっておごらず、何でも取り入れる頭の柔らかい人のようです。

 

そんな田畑智子さんは父親ですが、田畑智子さんが父親の本格的な料理を食べのは上京して自分で稼いでからとのことで、仕事とプライベートはきっちり分ける人のようです。

 

現在も田畑智子さんと父親は仲がよく、娘の舞台に行き「舞台を見に行った時にお金を取る」と応えたり、「酒を飲むとわけがわからない人になる」等と仲睦まじさを見せています。

娘も祖母も芸妓?

実は祖母も芸妓だったようです、両親と一緒に祖母からも厳しいしつけをされてたのです。

 

そして田畑智子さんには姉がいますが、姉は芸妓ではなく、既に結婚していて3人の子供がいるとのことです。

 

田畑智子さんの母親曰く、姉と田畑智子さんは現在も喧嘩をしたりしますが、色々相談したりと「喧嘩するほどの仲が良い」関係の姉妹のようです。

田畑智子の実家は料亭で父親と母親、姉や祖母とも仲良し!

田畑智子さんの実家は高級料亭で両親や祖母に厳しくしつけられましたが、時代劇で女優として活用できたりと今では感謝しています。

 

また、現在も父親と母親、姉とは仲睦まじいエピソードがあったりと、仲良しです。

 

田畑智子さんの結婚には反対はしましたが、今後も実家の両親と仲良しであることを祈っています。

 

せばな~