2017年5月15日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」では血糖値の上昇を防ぐ方法を紹介します。

 

よく血糖値が上がると太ったりといろいろな危険とは分かりますが、具体的にはどういった症状がおきてしまうのでしょうか?

また、血糖値が上がるのを抑える方法はどういったものでしょうか?

 

ということで今回は、血糖値があがる危険性と食後の血糖値を抑える方法を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

食後に上がる高血糖値を抑える方法?どんな症が?

血糖値は呼んで字のごとく、血液に含まれるブドウ糖の量の値を言います。

 

血糖値は食事をしてパンやご飯等の炭水化物を消化吸収することで、ぶどう糖に変換されます。

 

そして血液に入ることで血糖となり、その血糖が体を動かすエネルギーになります。

 

また、血糖が増えると血糖値が上がりますが、その上昇を抑えるホルモンであるインスリンがすい臓から分泌され下がります。

血糖値が上昇する危険性

太る?

血糖値が上昇すると血糖値を下げるインスリンが分泌されますが、そのインスリンは余分なエネルギー(糖)を脂肪として蓄えてしまいます。

 

それだけでなく、インスリンは脂肪を分解する酵素を阻害する働きもあるのです。

食後 血糖値 抑える
(画像引用元:http://anorexia.nanapipi.com

そのため、血糖値を上げてその上昇を抑えるインスリンの分泌が多いと、脂肪が増えて脂肪が分解されにくいと太ってしまうのです。

動脈硬化

血糖値が上昇しすぎると代謝が追いつかなくなり、細胞を傷つけてしまいます。

 

それが血管で起こると修復して血管壁が厚くなりますが、内側が厚くなると血管の通り道が細くなってしまいます。

 

そして血管の通り道が細ければ、血液が通りが悪くなり「動脈硬化」となるです。

 

「動脈硬化」になると血管がドロドロとなり、「脳梗塞」「心筋梗塞」等と様々な命にかかわる病気になる危険性を持ってしまいます。

集中力が下がりイライラ

血糖値が急に上がると、その後に急激に血糖値が下がって「低血糖」になりますが、その時に仕事といった生活に支障をきたします。

 

「低血糖」になると頭痛やイライラする、集中力・判断力の低下と仕事に支障がきたしてしまいます。

食後 血糖値 抑える
(画像引用元:https://kango-oshigoto.jp

またエネルギーが足りていても空腹感に見舞われてしまい、食べてしまってエネルギー過多で脂肪に変換されて太ってしまう可能性があります。

血糖値が高い時の症状

喉が渇く

血液の量が足りないときや、血液の濃度が高いと反射的に水が以上に欲しくなります。

食後 血糖値 抑える
(画像引用元:http://www.mylohas.net

そして、血糖値が高いと血液中のぶどう糖が増加して濃度が高くなり、水が欲しくなってしまうのです。

 

ちなみに、運動した後に水が飲みたくなるのは汗が出たことで、血液の量が足りなくて水を欲しくなってしまいます。

尿の回数が増える

血糖値上昇により水分が欲しくなって水分を補給すれば、その分尿の回数も増えます。

 

それだけでなく、血糖値が高い病気「糖尿病」のような尿に糖が混じると、おしっこの浸透圧が上がって腎臓で生成される尿の量が増えます。

疲れやすい

血液が上昇しつづけて血液がドロドロになると血管の流れが悪くなります。

 

血管の流れが悪いと栄養を十分に体に行き届く事ができないので、筋肉を分解して代わりにエネルギーにしようとします。

 

そのせいで体重が減りますが、その分筋肉が低下して疲れやすい体になってしまうようです。

食後に上がる高血糖値を抑える方法は?

有酸素運動

食後に有酸素運動をすることで脂肪を燃焼するだけでなく、運動によって血液の中にある糖がエネルギーに変換されて血糖値を下げてくれます。

 

ただ食後いきなり運動すると体に負担がかかり、消化不良を起こすので、食後30~60分にジョギング、ウォーキング等の軽い有酸素運動をしてください。

スポンサーリンク

食物繊維が多い食材を先に食べる

食物繊維は糖や脂質の消化吸収を遅らせ、食後の急な血糖値の上昇を抑える事ができます。

食後 血糖値 抑える
(画像引用元:http://www.epicentroinformativo.com

そのため、ご飯といった炭水化物の前に、食物繊維が多く含まれる野菜や海藻を先食べることで食後の急な血糖値の上昇を抑える事ができます。

炭水化物を抑える

炭水化物が糖になり、血糖値を上昇させる最大の要因です。

 

そのため、単純に炭水化物を減らすことで血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

早食いせずによく噛んで

噛まずに早食いは血糖値を上昇させるだけでなく、脳が満腹感を判断する前に過剰に体内に食べ物が入ってしまって過食となり、太ります。

食後 血糖値 抑える
(画像引用元:https://www.supkomi.com

そのため、一回の食事では20~30分とある程度時間をかけ、よく噛むことで満腹感を得られるようにしましょう。

食後に上がる高血糖値を抑える方法?症状に気をつけて!

食後に血糖値が上がりすぎると太るというのもありますが、大変な病気になる可能性もあります。

 

そのため、食事の順番を変えたりと等と、まずは実践しやすいものから試して、少しでも血糖値の上昇を抑えていきましょう。

 

そして健康的な体を維持し、健やかな生活を過ごしましょう!

 

せばな~