2017年2月10日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「砂糖入れるとシャボン玉が割れなくなる?」

 

なんとも美味しそうなシャボン玉ができそうですが、それだけでなぜ割れないシャボン玉が出来るのでしょうか?

 

ということで今回は、砂糖を入れると割れにくいシャボン玉が出来る理由と、割れないシャボン玉液の作り方を紹介します。


スポンサーリンク

砂糖入れるとシャボン玉が割れない?割れにくいシャボン玉液の作り方・分量は?

割れる原因を砂糖で予防?

シャボン玉が割れる理由は以下の3つのとなっています。

●シャボン玉の水分が蒸発して膜が薄くなって割れる
●ホコリやチリ等の障害物で割れる
重力でシャボン玉の液体が下に集まり、上の膜が薄くなって割れる

割れないシャボン玉 砂糖
(画像引用元:http://photo321.seesaa.net

そこで砂糖をシャボン玉液に入れると、蒸発しにくくなるので、蒸発して割れる原因の一つを解消して割れにくくなります。

 

さらにシャボン玉液の粘土も高くなるので、より大きなシャボン玉を作ることが出来るようになります。

 

ちなみに砂糖でなくても「はちみつ」でも代用ができ、「グリセリン」だとより割れにくいシャボン玉を作ることが出来ます。

 

要は粘液が高く、蒸発しにくいものであれば良いのです。

シャボン玉液の作り方・分量は?

材料は洗濯のりを入れるとより強力になりますが、お家にない場合がありますので、洗濯のり有り無しの両方の分量・材料を紹介しますね。

【材料】
水(ぬるま湯):200ml
食器洗剤:50ml
砂糖:25ml

【材料※洗濯のり入り】
水(ぬるま湯):400ml
洗濯のり:100ml
食器洗剤:50ml
砂糖:25ml

界面活性剤がシャボン玉を作る成分なので、洗剤で界面活性剤が薄い場合は洗剤を足してください。

 

【作り方】

①水(ぬるま湯)の中に砂糖を入れる混ぜる
※ぬるま湯のほうが溶けやすいのでできればぬるま湯で砂糖を溶かしてください
※砂糖が残っていると割れる原因となるのでしっかり溶かしてください。

②食器洗剤を入れてよく混ぜる

スポンサーリンク

砂糖を入れて割れにくいシャボン玉液の作り方は簡単!割れないシャボン玉で楽しもう!

シャボン玉が割れる儚さもいいですが、ずっと割れずに残り続けると綺麗で子どもたちも喜ぶこと間違い無し!

 

砂糖と身近な物で割れにくいシャボン玉を作れるので、みなさんも割れない・強力なシャボン玉を作って見ましょう!

 

せばな~