2016年8月26日放送のTBS「爆報!THEフライデー」に出演する木の内もえみさん。

木の内もえみさんといえば、「ひらけ!ポンキッキ」で8代目おねえさんとして活躍をしていていました。

 

しかし、タブーである恋愛をおかしてしまい、茨城県に移住したようです。

茨城県に移住後は一体どのような活動をしていったのでしょうか?

 

そんな木の内もえみさんですが、

木の内もえみさんの活動経歴は?

現在の木の内もえみさんの活動は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

木の内もえみの現在?今は鈴木もえみで司会、朗読、公演会?

鈴木もえみプロフィール

木の内もえみ 現在

本名      古内もえみ
旧芸名     木の内もえみ
生年月日    1963年5月16日
出身地     大阪府大阪市城東区
血液型     A型
趣味      ジャズピアノ、テニス、料理、スキー

木の内もえみ「ひらけ!ポンキッキ」までの道のり!8代目おねえさんで活躍!

木の内もえみさんは、もともとマイクの前でしゃべるのが好きで北海道の月寒高校の時から放送部員として活動をしていました。

 

1982年の札幌大谷短期大学在学中にはスカウトされて、HB(北海道放送)Cのパーソナリティーとなり2時間半のテレビラジオ「いきいきいい朝」等を担当して活躍をします。

 

大学卒業後はTBS報道局に報道・スポーツのレポーターとして、3年間レポーターとして活動します。

 

TBSのレポーターを経て、1987年3月から1989年9月と3年間、フジテレビ「ひらけ!ポンキッキ」8代目おねえさんに起用されて絶大な人気を得ます。

 

おねえさんにの時に発売された「ひらけ!ポンキッキ」ベストアルバムは、第3回日本ゴールドディスク大賞Albumof the yearを受賞。

 

しかし、1989年に結婚を期に「ひらけ!ポンキッキ」を卒業します。

 

おねえさん卒業までの活動は、TBS・フジテレビ・ニッポン放送、TBSラジオ、FM横浜等の様々な報道局のレギュラー。

「ウオルト・ディズニーお話絵本CD」の白雪姫の声優、企業・子供向けのVTR・ナレーションと多数の声の仕事してきました。

鈴木もえみの現在!今もマイクでしゃべる・教えるお仕事!

結婚後は茨城県つくば市に移住して、芸名も「鈴木もえみ」に改名した木の内もえみさん。

 

つくば市に移住した後も、マイクでしゃべるのが好きなのは相変わらずで活動をしていました。

 

実力・実績もある司会業では、「つくばエクスプレス沿線サミット」「つくば市制20周年記念式典」「つくば市音楽鑑賞教室」「国民文化祭」等や「日本神経放射線学会」「つくばマラソン」「まつりつくば」「男女共同参画」や各種の学会等と、市の大事なイベント・会合で大抜擢されています。

 

また「読み聞かせ」「朗読」を乳幼児学級・幼稚園・小学校に公演する活動もしており、オーケストラを使ったりとバラエティ豊かな公演活動をしています。

 

公演活動は茨城県内で100箇所以上も行っているほどで、好評とのことです。

 

またチャリティとして、視覚障害の人に音訳、音読、録音図書活動も行っています。

さらに子供にアナウンサー等の声のお仕事の講師としても、小学校を回って教えています。

スポンサーリンク

木の内もえみ、現在は鈴木もえみで今も変わらず「しゃべるお仕事」!

マイクでしゃべる事が好きで「ひらけ!ポンキッキ」で8代目おねえさんとして活躍をしていた木の内もえみさん。

 

現在もかわらず、鈴木もえみさんとして司会・朗読とバラエティに富んだしゃべるお仕事しながら、その技術を教えたりと本当に好きなことを充実して行っているように見えます!

 

これからも、好きなおしゃべり仕事をして、その良さを将来の子どもたちに教えて託してください!

 

せばな~