2016年6月22日放送の日本テレビ「アナザースカイ」に出演する駿河太郎さん。

駿河太郎さんといえば、笑福亭鶴瓶さんを父に持つだけでなく、ミュージシャンから俳優へと転向した方です。

 

そんな駿河太郎さんですが、

ミュージシャンの時はどんな活動をしていたの?

なぜミュージシャンから俳優へと転向したの?きっかけは?

俳優として演技力は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

音楽から俳優に転向!笑福亭鶴瓶を父に持つ駿河太郎について!

駿河太郎プロフィール

駿河太郎 俳優

別名義     taro
生年月日    1978年6月5日
出生地     兵庫県西宮市
血液型     O型
職業      俳優、ミュージシャン
ジャンル    テレビドラマ、映画
活動期間    2003年 – 現在
事務所 ステッカー

駿河太郎さんといえば、笑福亭鶴瓶さんを父に持つ方です。

 

駿河太郎さんはすでに結婚しており、妻は現役バリバリのダンスインストラクターで子供もいます。

駿河太郎ミュージシャンで芸能界デビュー!

駿河太郎さんは大学卒業後、音楽といえばビートルということで、2年間のイギリス音楽留学をしました。

 

そして2003年に「taro」名義でメジャーデビューを果たし、「sleepydog」というバンドを結成して、ボーカル兼ギターで活躍を果たしていました。

 

2011年2月にはsleepydogの活動を終了して、sleepydogでギター担当の方と「Human Note」という新ユニットを結成して活動をしています。

スポンサーリンク

駿河太郎、俳優を本格始動!転向理由・きっかけは?演技力は?笑福亭鶴瓶の七光り脱却なるか?

20代半ばで音楽を真面目に行っていたため、役者をやるつもりはなかった駿河太郎さん。

しかしマネージャーは、何度も駿河太郎さんに役者をやってみないかと誘い続けます。

 

「今までいろんな人が『役者にならないか』と声を掛けてくれたんですが、僕が30歳手前になるまで誘い続けてくれたのは今のマネージャーだけだった」

「子どもでもない、おっさんでもない。こんな中途半端なやからに声を掛け続けるこの人は面白いなと思った」

と遂に駿河太郎さんは根負けして、俳優養成プロジェクト「東映映画大学」の一期生オーディションを受けます。

 

オーディションは200名の中から合格者3名の1人に選ばれ、駿河太郎さんは音楽から俳優を主軸に活動を開始します。

 

その後は、大河ドラマ「龍馬伝」「平清盛」や、NHK連続テレビ小説「カーネーション」で主人公の夫役に大抜擢されたりと俳優として活動していきます。

 

しかし、こういった大抜擢は父の笑福亭鶴瓶の力が合ったとの噂で、親の七光りだと言われていました。

更に俳優としても評判もパッとしなかったようです。

 

その為、駿河太郎さんは2013年TBSテレビ「日曜劇場・半沢直樹」に出演する際は、俳優として頑張ろうと意気込んでいました。

 

「半沢直樹」といえば父の笑福亭鶴瓶の親子の共演もあり、話題となっていましたね。

 

「半沢直樹」での駿河太郎さんの演技の評判はよく、これを期に俳優・駿河太郎として成長したんだと思います。

駿河太郎、ミュージシャンから俳優として活躍!演技力で親の七光りとは言わせない!

現在もフジテレビ「ラヴソング」に出演したりと俳優として活躍中!

 

もう笑福亭鶴瓶さんの「親の七光り」と言わせない俳優として成長しましたね。

 

今後は「笑福亭鶴瓶を父に持つ駿河太郎」ではなく「俳優・駿河太郎」として活躍をしています。

 

もちろん音楽活動も頑張ってください!

 

せばな~