2016年11月12日放送の世界ふしぎ発見では、女性を虜にする魅力溢れるスリランカが紹介されます。

 

スリランカと言えば宝石採掘が有名ですが、なんと採掘場所は「田んぼ」との事です。

 

鉱山ではなく、田んぼという身近なところで採掘をしているようですが、それなら私達旅行者でも宝石が取れるのでしょうか?

 

という事で今回は、スリランカの宝石事情と

採掘はどうやっているの?

旅行者でも採掘は可能なの?見つけたらもらえる?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

スリランカの宝石採掘で出る種類は?

スリランカ 旅行
(画像引用元:http://ameblo.jp/srilankangems/image-12119802836-13546071503.html)

スリランカは全世界にある85種類の宝石の中から、なんと40種類の宝石が取れることで世界的に宝石採掘所として有名です。

 

ルビーやサファイヤ、ダイヤモンド、ガーネット、クォーツ、トパーズと沢山の種類が採掘されますが、多すぎるので、以下のサイトにスリランカの宝石の種類を載せてあったので観て下さい。

スリランカの宝石

 

種類が豊富だけでなく、スリランカの宝石は質が良く、宝石の多くは自然の環境に品質が影響される中でスリランカは宝石にとっては良い自然環境に恵まれています。

スリランカで宝石採掘ツアー!旅行で発掘するには?

スリランカは鉱山で宝石採掘をしない?

よく宝石採掘といえば「鉱山」というのが基本ですが、スリランカは民家の周辺の空き地を「採掘所」として宝石を発掘します。

 

そのため普通の田んぼや、空き地を掘っていきます。

スリランカ 旅行
(画像引用元:http://ameblo.jp/srilankangems/image-11304925255-12084166031.html)

田んぼや空き地等の民家周辺の土は粘土質で、スリランカで発掘する宝石はエメラルドやパールのように「鉱山」から採れるわけではないようです。

スリランカでは外国の会社は採掘所を持てない?

実はスリランカでは海外の起業が、スリランカにある採掘所を保有することが出来ません。

 

日本の会社がスリランカで発掘する場合は、スリランカの会社に出資するか、名義を借りて採掘する方法しかありません。

 

そのため「スリランカの自社鉱山で採れた宝石」と販売している会社で、スリランカの会社が採掘していないのはスリランカの規則上ありえないのでお気をつけ下さい。

スリランカの採掘は大変!発掘方法は?

田んぼ等と周辺で採掘されて簡単かと思いますが、採掘状況はかなり過酷なようです。

スリランカは平均温度が30度である炎天下の中で採掘が行われます。

 

そしてその作業はやり方は業者によって異なりますが、

①何人かのチームで数日かけて穴を掘る

②掘り出す際に水を汲み上げたり、崩れないように木等で組み上げる

③土を取り出し、何段かに分けて洗い宝石みつける

と大体ですがこんな流れになりますが、かなり過酷なようです。

スリランカ 旅行
(画像引用元:http://ameblo.jp/srilankangems/image-11076256560-11606385104.html)

先程言った炎天下もそうですが、かなり地味な作業をずっとやり続けるので現場には夢や希望とへったくれもないようです。

 

しかも掘った穴が崩れて、命を落としてしまう危険性もあり、採掘はかなり危険なようです。

スポンサーリンク

スリランカ旅行で宝石は採掘できないの?

旅行で本当に採掘する場合は数日かけての作業になるので無理ですが、体験ツアーはあるのでそちらで簡易的に採掘を楽しむのが良いでしょう。

 

その場合に宝石を見つけた場合は買い取りとなるようなので、見つけたからといってタダで貰えるわけではないのであしからず。

 

「見つけたのは自分なのに!」と思いますが、先程の作業を紹介したように、見つけるまでの前段階でどれだけスリランカの人たちが対価を支払っているのか分かれば、買い取りなのかという事を理解できると思います。

スリランカ宝石採掘旅行に行って発掘ツアーを楽しむ!

スリランカでは鉱山ではなく田んぼ等の身近な所が発掘所となっていますが、作業は過酷で本気でやるのは規則上でも出来ないものです。

 

そのため旅行で楽しみながら発掘が、良い思い出になりますし、見つけたら記念として買い取って下さい!

スリランカ宝石採掘体験ツアー

せばな~