2016年9月17日放送の「満天☆青空レストラン」では愛媛県で幻の魚と言われているスマの料理を振る舞われ、紹介されます。

 

漁師の間では「うまい」と味は美味しいらしいですが、一般家庭では聞き慣れない魚ですね。

しかしこれが、マグロのカツオにも引けをとらない味で、マグロの代替魚として近年注目されています。

 

そんなスマですが、

スマってどんな魚?生態は?

スマはどんな味?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スマとはどんな魚?味はマグロとカツオの間?養殖で代替魚として注目!

スマ 魚

スマは体長1メートル、体重10キロほどの大きさで、マグロやカツオの仲間です。

 

インド太平洋の熱帯・亜熱帯域に広くスマは分布しております。

 

知名度は低いものの愛媛では「伊予の媛貴海」、和歌山は「海の三ツ星」とブランド名をつけてブランド化を図っています。

 

スマは単独か小さな群れをなして行動し、肉食性で魚、甲殻類、頭足類等を食べます。

スマはどんな味?食感は?

スマの天然は「脂がのってカツオとマグロの中間のような味」で「もちもちの食感」で漁師大変美味しいと好評。

 

養殖物はクロマグロに似た味との事です。

 

そんなスマは美味しいことと、捕獲量の少なさから「幻の高級魚」とも言われるぐらいです。

スポンサーリンク

スマを養殖?マグロの代用魚として活躍?

幻の高級魚と言われているスマですが、愛媛県と和歌山県では養殖の研究が進められて「マグロの代用魚」として注目されています。

 

2013年に太平洋で捕獲する幼魚のクロマグロを15%以上減らす決定をしたり、更なるマグロの捕獲量削減を求められています。

 

そんな中で、クロマグロに近い味がするスマは「マグロの代用魚」として期待されており、出荷できるように養殖の研究が進められています。

 

予定として2016年度をめどとしているが、はたしてクロマグロの代替魚として活躍するのか注目ですね。

マグロの代用魚として養殖?幻の高級魚「ツマ」!味も美味で期待!

マグロとカツオの中間の味で美味しく、マグロの代用魚としても期待されているスマ。

 

2016年に実用化となるとの事ですが、となると将来的に一般家庭の食卓にスマが並ぶ可能性もありますね。

 

みなさんも養殖で実用化されたら、ぜひスマを食べてみてください!

 

せばな~