日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のコーナーで凍った氷地面に見た立てて逆さまになって行う、水中ホッケーに挑戦します。

なんでも、その水中ホッケーはヨーロッパで注目を集めているとのことです。

 

そんな水中ホッケーですが、

そもそも、水中ホッケーってどんなの?

そして、逆さまに行う水中ホッケーってどうなるんだ?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

水中ホッケーとは?

基本的には、ホッケー同じルールっぽいです。

2つのチームに分かれて。スティックを使いパックを相手のゴールに運べば得点となります。

それを水中内で行います。

実はそれなりに歴史があった水中ホッケー

水中ホッケーは1954年イングランドで生まれたスポーツでそれなりに歴史があります。

そして、世界水中連盟主催の世界選手権をはじめとする国際大会もあます。

 

もちろん、日本水中スポーツ連盟が水中ホッケー日本選手権を開催したりと日本でも公式にスポーツとして活動をしています。

しかし、まだ競技人口が少ないので泳が得意な方は日本代表に選ばえる可能性もあるかもしれません。

 

まさに、じゅんいちダビッドソンさんが、フィンスイミングで日本代表になったように!
⇒じゅんいちダビッドソン、フィンスイミングで本家超えなるか!

スポンサーリンク

それじゃ、氷を地面にした逆さまに行う水中ホッケーって?

となるとこうなるんでしょうか?

逆さ水中ホッケー2

いや、水中ですのでやはり、水中ホッケーと同じ感じ逆さになるのでしょうか?

逆さ水中ホッケー1

なかなか難しそうですね。

まず、ゴールに入れるパックをどうするのでしょうか?

水中ホッケーとは競技人口少ない?日本代表狙い目!

今回は、水中ホッケーについて調べて紹介しましたが、まだまだ日本ではマイナーなスポーツですね。

そうなると、頑張ればホントに日本代表も夢ではありません!

 

しかし、ヨーロッパでマイナーなスポーツを更に突き詰めてマイナーなスポーツを作るとは、発想が面白いですね!

氷をどう遊ぶかにかけては、長けています!

 

自分の地元の秋田も、ヨーロッパを見習って、もっと雪を遊びに競技に有効活用しましょう!

どマイナーでも、協議会を作って動画を配信すれば流行るかも!?

 

そんな期待を寄せる、水中ホッケーでした。

せばな~