カナダ・アルバータ州オノウェイの町では2017年3月6日に水道水が鮮やかなピンク色になり、町を騒然とさせた珍事件が起きました。

 

ポップな色で可愛いという方もいるかもせれませんが、生活用水として使っている住民にとっては迷惑ですね。

 

そんな水道水をピンクにした原因とは?

ピンクの水道水だけど、飲んで害はあるの?

 

ということで今回は、カナダの水道水がピンクになった原因と、飲んだ時の安全性を調査していきます。


スポンサーリンク

カナダの水道水がピンク色で害や安全性は?原因は薬品が混ざった?

2017年3月6日にカナダ・アルバータ州オノウェイの町で、蛇口から出てくる水がピンクになる事件が発生します、

水道 ピンク
(画像引用元:http://livedoor.4.blogimg.jp

その色はうっすらではなく、まさにポップなショッキングピンクで、住民はショッキングでした。

 

このピンク色に事前の警告がなく、その水が飲んでも安全かどうかが知らされていなかったことで、不満をSNSを通して漏らしていました。

 

そのため、町長はこの事件を教訓に、すぐに情報伝達できるようにと謝罪しました。

ピンク色になった原因は?

原因は、水道設備の定期洗浄の時に、閉まっているべきバルブが開きっぱなしで、過マンガン酸カリウムが貯水施設に流れ込んでしまったからです。

カナダ 水道 ピンク
(画像引用元:http://www.spc.ac-aix-marseille.fr

過マンガン酸カリウムは、水道水から鉄分や硫化水素を取り除くために良く使われる薬品ですが、これが水道水をピンクに変えてしまったとのことです。

スポンサーリンク

ピンクの水道水は飲んで大丈夫?

ピンクに変えてしまった薬品・過マンガン酸カリウムは、人体に危険が及ぶことはなく、今回の事件も人体による被害はありませんでした。

 

また過マンガン酸カリウムはうがい薬にも使われる薬品ですので、少量なら飲んでも大丈夫のようです。

水道 ピンク
(画像引用元:http://www.nihongo.com

 

しかし、濃度が高いと状態で触れるとかゆみや火傷を起こしたりと、皮膚炎を起こす危険性もあります。

カナダの水道水がピンク色で原因は洗浄ミス!害はないうがい薬?

まさかの定期洗浄ミスで起きてしまった水道水のショッキングピンク。

 

しかし、薬はうがい薬にも使われる薬品なので、少量なら安全で一安心です。

 

ミスはだれしも有ることですが、こういった町全体に被害がある行いは、これを教訓に今後はおこなさないようにしてくださいね。

 

せばな~