2016年6月15日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」にて「新居にゴキブリがいないかの確認方法」が紹介されるます。

 

よく引っ越しして新居で心機一転しようとした所、住んでみたらゴキブリが発生して嫌になった事はありませんでしょうか?

特に築年数が長いところでは多いようです…

 

そんな新居にゴキブリが発生してしまう件ですが、

どうやったら新居にゴキブリがいるか確認できるの?

引越し後の新居のゴキブリ対策は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新居のゴキブリがいるか確認するには?引越し前に対策・方法は?

新居ゴキブリ確認

なぜ新居にゴキブリが発生しやすいのかは理由があります。

 

ゴキブリは暗く・暖かく・湿度がある場所が好み、人が住んでいない新居はゴキブリにとって住み心地がよい環境となっています。

 

人がいなくゴキブリを全く撃退していない、ゴキブリの侵入経路が開けっ放しで侵入し放題なのが最大の原因となっています。

引っ越す前に、新居でゴキブリを確認するには?

新居を下見する時間帯は基本昼間のため、夜行性のゴキブリは見つけることが困難です。

ゴキブリを確認する時間帯をならば、暗くなった時に確認してください。

 

ゴキブリの侵入経路となる「キッチンや下水道、排水口・排水管の水回り」「窓や扉の隙間」を確認してゴキブリの痕跡があるかどうか確認しておくのが良いです。

 

またダスキンだと「ゴキブリ無料調査」を行っているので、プロによる確認をしてもらうのもおすすめです。

スポンサーリンク

確認したけど発生した!新居ゴキブリ対策・方法は?

やはり確認しても、ゴキブリは夜行性なので見逃す場合があり、引っ越す前に新居にゴキブリ対策をした方がいいです。

バルサンや毒エサでゴキブリ駆除

バルサン・毒エサ等で他の害虫も荷物を入れる前に駆除をしましょう。

 

特に毒エサで「ブラックキャップ」はゴキブリ本体と卵の両方死滅することが出来て、ゴキブリ対策グッズとして評価が高いです。

「ブラックキャップ」を引越し前に置いておくと即効性もあるのでゴキブリがほとんど目撃することはないようです。

侵入経路を塞ぐ

これ以上ゴキブリの侵入を防ぐために「キッチンや下水道、排水口・排水管の水回り」「窓や扉の隙間」と侵入経路をしっかり防ぎます。

 

水回りは水道が使えるようになるまでガムテームで塞ぎ、隙間がある箇所はガムテーム・ボンド等で塞いで置いてください。

引越し後は、ダンボールはすぐ片付ける!

引っ越しのダンボールにはゴキブリの卵が付いている可能性が有ります。

 

そのため引越し後にダンボールは早めに撤去、それでも不安の場合は荷物をまとめた後に、バルサン等で駆除をするのがおすすめです。

引越し前に確認・駆除!新居のゴキブリ対策は事前準備が大事!

引越し前に新居のゴキブリ対策は事前にやっていくことが重要です。

 

ちなみに上記の対策は引越し後でも有効ですので、もう引っ越済みで新居にいる方でも活用してみてください!

 

みなさんも、新居に住んで住み心地がよい生活を手に入れましょう!

せっかく新居に入ったのに、ゴキブリを見つけて気分が悪くなったら嫌ですからね!

 

せばな~