幸福の科学に出家して、突然の引退を宣言した清水富美加さん。

 

しかもテレビや映画、CMといった清水富美加さんが出演した作品が控えていながらの急な引退により、騒然となっています。

 

色々あるようですが、突然の引退となると出演した違約金があり、損害賠償も請求されそうですね…

 

そんな清水富美加さんにいくらぐらいの損害賠償が請求されるのでしょうか?

 

ということで今回は、清水富美加さんの引退騒動について、損害賠償金額・違約金はどうなるか調査してみたいと思います。


スポンサーリンク

清水富美加に損害賠償請求で金額はいくら?引退で違約金の相場は?

「芸能界にしばしば見られる奴隷契約、そうした雇用、就労関係があったのが大きな点だと思っている」

「心身に大きな傷を受けて、専門医の診療を受け、ドクターストップで仕事を休まなければいけなくなってしまいました。診断書も2通あります」

「清水富美加さんを受け入れるにあたって、できればこうした業界の悪しき部分があるならば、それを正して頂きたい。少しでも芸能界が宗教的に言うと浄化されることを願っています」

宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能界引退の意思を固めた清水富美加さん。

 

「幸福の科学」では清水富美加さんが奴隷のようにこき使われて、訴えても変わらずと予兆があり、突然の引退では無いと主張しました。

「タレントの所属契約は、民法上の雇用契約とは違う。代替性がないものですから、通常の雇用契約とは違うものだと考えている」

「どういった経緯で検査をされてそういったた診断がなされたのか、診断書が正しいものという前提で考えることができない。
出家したいという理由で仕事ができない、という主張が、一転して体調不良ということになったので、納得はできない。
生命の危険というような健康状態だったとは認識していない」

「映画の話も、オファーがあった時点から伝えてきたし、抵抗感を示すといううことはなかったし、積極的に仕事を受けたいと言っていた。」

対して清水富美加さんが所属していたレプロエンタテインメント側はそういった様子はなかった、突然で納得出来ないようで、対立しています。

清水富美加 損害賠償
(画像引用元:http://www.bizcompass.jp

そして急な引退を告げているが契約は続いているので、うまく交渉が行かない場合は法的措置を取ることもありえなくないとのことです。

急な引退で映画、CM、テレビと大混乱!

清水富美加さんはMCを務めるテレビ番組「にじいろジーン」や「シブヤノオト」に現在出演中です。

清水富美加 損害賠償
(画像引用元:http://news.mynavi.jp

CMは花王「ニベア」とコスモ石油に出演中と出演中でした。

 

今回の引退騒動だけでなく、宗教色が強いのはイメージ悪くなるのでCMの打ち切りや、出演したテレビも悪影響でしょう…

 

そのため、CM打ち切り等の違約金が発生し、損害賠償が請求される可能性が出ていきました。

 

更に4月1日公開の主演映画「暗黒女子」、4月29日公開「笑う招き猫」、ヒロインを務めた「東京喰種 トーキョーグール」と公開が控えていました。

 

そのため、映画の宣伝活動に悪影響を及ぼしているようで、こちらも損害賠償を請求される可能性あるようです。

 

ちなみに「にじいろジーン」は不倫騒動で休業したベッキーさんが、前にMCをしていたりとトラブル続きのようです…

スポンサーリンク

清水富美加に違約金・損害賠償金額を前例から調査!

清水富美加さんには今回の映画やCM、テレビ出演を含めて3億円近い違約金が発生するのではないかと言われています。

清水富美加 損害賠償
(画像引用元:http://www.huffingtonpost.jp

CMは有名タレントだと契約金額が一本2000万円のようです。

 

清水富美加さんがCM2本出演しているので、最低でもCMだけで4000万円となり、他にも商品カタログやポスター、POPなどの回収作業で更に金額が増えます。

 

実際に酒井法子さんはCM2本で2億5000万円、山本モナさんは不倫騒動で東京シティ競馬のCMを降板で2億円の費用がかかったとされます。

 

そのため、CM1本でも合計は億は超えてしまいます。

 

また清水富美加さんのように突然引退した島田紳助さんは、当時のCMや自分の番組をもっていての降板でしたので、違約金として3億円払ったようです。

 

清水富美加さんも同じくCMやテレビ、更に映画の出演も控えていましたから、3億円に近い違約金は噂通り妥当ではないかと思われます。

清水富美加に損害賠償請求!引退で違約金で億超え?

確かに逃れるのが出来なくて、突然引退したのかもしれません。

 

しかしこれにより、CMやテレビ、映画にも迷惑をかけたのは事実です。

 

違約金となると億超えは免れなさそうですが、「幸福の科学」「レプロエンタテインメント」の意見は衝突しており、請求はどうなっていくのでしょうか?

 

今後も清水富美加さんを中心に双方の対立に注目です。