2016年6月20日放送の日本テレビ「世界まる見え!テレビ特捜部」にて紹介されるシベリア。

シベリアではなんと近年発見された不可解な「巨大穴」が次々と出現して話題となっています。

 

そんなシベリアで発見されている巨大な穴ですが、

どれくらいの規模の穴なの?

穴ができた原因・理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シベリアに穴?巨大なアナが出来た理由は?原因にせまる。

シベリア 穴

2014年7月頃のロシアのシベリにあるヤマロ・ネネツ自治管区内で巨大な穴が発見されました。

 

巨大な穴は直径約80メートルもあり、記録映像では少なくとも7個の巨大な穴が発見されています。

 

ちなみに発見されたヤマロという意味はネネツ語で「世界の果て」と言い、そのため隕石が原因でで出来たクレーター説や、異性の人の仕業という憶測も飛び交っていました。

シベリアの巨大穴の原因は?永久凍土の融解により、メタンが噴出!

シベリアにある永久凍土は融解すると二酸化炭素やメタン等が発生します。

 

2012、2013年では猛暑が続き、シベリアの気温が平年より5度も高かったため永久凍土が融解する事態が起きました。

 

永久凍土が融解されたことにより、溜まっていたメタン・二酸化炭素が一気に噴出したことで巨大な穴が形成されたと言われています。

 

もしこの説が正しいのであれば、永久凍土融解が原因としての穴では、最大級の規模とのことです。

こういった温暖化が背景にあるのではないかという説があります。

スポンサーリンク

シベリアの巨大アナ!穴の原因・理由は環境の変化?

近年温暖化が進んでいる地球ですが、単純に気温や氷が溶けるだけでなく、氷が溶けたことによって引き起こす現象も色々あるということが知らされました。

 

最初は、異星人やの説や何やらロマンがある話かとおもいきや、環境問題とかなり深刻な問題と関わっているようです。

 

これからも、環境が変わっていくにつれて、シベリアの巨大な穴のような地形の変化をもたらすかの可能性が出てきそうです。

 

異星人説が出ればよかったな~と思いつつ、目の前の現実を知らされました…

 

せばな~