2014年に韓国歌手のKさんと結婚してから、2015年11月15日に第1子の女児を出産した関根麻里さん。

 

そして出産後久しぶりに登場した関根麻里さんですが、激太りしたことで話題となっています。

 

よく産後は太るといいますが、どうして太るのでしょうか?

 

という事で今回は、

関根麻里さんはどれくらい激太りしたの?

なぜ産後は太るの?理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

関根麻里プロフィール

2016y11m10d_213112081
(画像引用元:http://shinbishika-guide.com/sekine-mari/)

愛称      麻里ちゃん
生年月日    1984年10月22日
出身地     東京都港区
血液型     O型
身長      154 cm
靴のサイズ    22.5 cm

 

2006年6月17日にタレントとして本格デビューした関根麻里さんですが、その前から小堺一機さんと父である関根勤さんと3人で司会を務めたりと活動をしていました。

 

本格活動後は、父と同じく面白く親しみやすいキャラクターからタレントとして人気となりました。

 

そんな関根麻里さんは2014年に韓国歌手のKさんと結婚し、2015年6月には第1子の妊娠を公表し、同年11月15日に無事に女児を出産しています。

関根麻里が激太り!

そして久しぶりに登場した関根麻里さんですが、

2016y11m10d_213257061

細身だった独身時代とは違い激太り。

シャープだったあごも二重あごとなって、二の腕も太くなり、鎖骨に肉がつき、肩幅はがっしりとしてしまいました。

 

この姿にネットでは「誰、このオバサン?」「北乃きいかと思った」と言いたい放題で、ショックは隠せなかったようです。

関根麻里、なぜ産後に激太り?出産後に太った理由は?

骨盤の歪み

産後に太る一番の理由は骨盤の歪みです。

 

出産では赤ちゃんを外に出すために骨盤を大きく開き、歪んでしまいます。

 

骨盤が開くと骨盤周辺の血流が悪くなり、代謝が下がって体の老廃物が溜まりやすい太りやすい体となります。

 

それだけでなく、骨盤の歪みは冷症やむくみの原因にもなります。

基礎代謝が低下して脂肪燃焼しにくい体に

産後は基礎代謝が低下して、脂肪の燃焼がしにくくなり太ってしまいます。

 

これも骨盤が開いて歪んだことが原因で、骨盤が開くと内臓が元々の位置より下がってしまいます。

 

その為、胃が下がり内臓の働きが低下した結果、基礎代謝が下がってしまい痩せにくい体となります。

筋力の低下

筋力はエネルギーを消費してくれます。

 

妊娠中は激しい運動ができなくなり、自然に筋力が低下してしまいます。

 

そして筋力が低下してしまうと、普段よりエネルギーが消費されず体に溜まり、エネルギーが脂肪となって太ってしまいます。

不摂生な生活

産後のママは赤ちゃんの世話で生活が乱れます。

 

おむつを変えたり、寝かしつけや夜泣きの対応と四六時中世話をしなければなりません。

 

そのため生活習慣が乱れるだけでなく、ご飯も簡単なファーストフード等で済ませたり、妊娠中我慢していた炭水化物や甘いものを食べたりしてが食事も乱れます。

 

そういった生活習慣と食事の乱れにより、太りやすい体になってしまいます。

スポンサーリンク

妊娠中の脂肪

妊娠中は赤ちゃんを守るために、お母さんはお腹周りの脂肪を蓄える働きがあります。

 

そんな赤ちゃんを守る脂肪は、出産後に役割を終えて燃焼されるわけもなくずっと残り続けます。

 

しかし、この脂肪は落ちやすいとされているので、しっかりダイエットすれば落ちます。

産後に激太りは関根麻里だけじゃない!出産後に太るのに注意!

産後に太りやすい体になってしまうので、関根麻里さんだけでなく激太りは起きるようです。

 

産後に太るとは知っていまいしたが、こういった具体的な太りの内容は知りませんでした。

 

女性にとっては出産後が色んな意味で勝負だと思いました…

 

せばな~