2016年10月15日放送の「満天☆青空レストラン」の舞台は新潟県北蒲原郡聖籠町。

今回は新潟県北蒲原郡聖籠町で取れる「砂里芋(さりいも)」を紹介するようです!

 

里芋と言えば今が旬ですよね!

 

そんな中でブランドとして作っている砂里芋はどんな美味しい味がするのでしょうか?

また砂がつくぐらいなので砂に関係する栽培方法を使っているのでしょうか?

 

ということで今回は、

そもそも砂里芋とは?

砂里芋の栽培方法は?

砂里芋の味は?

砂里芋は販売されている?取り寄せたいのだけど?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

砂里芋とは?特徴・栽培方法は?味は美味しい?他県でも販売されている?

砂里芋 栽培

砂里芋とは、「砂丘地(さきゅうち)」で栽培されて、北越後農協さといも部会で定められた堆肥や有機肥料の使用量で栽培された里芋の事をいいます。

 

そういった確立された栽培条件、肥料の規定と厳しい規定のもとで作られているのが「砂里芋」です。

 

砂里芋は1965年頃から聖籠地区で自家採取したことから始まり、良い種芋を選び自家採取してきた歴史から地元に合った美味しい里芋えと仕上げたようです。

 

だからこそ、厳しい規定ができて、この地にあった最適な栽培方法をしているのかもしれませんね。

砂里芋の栽培方法は?

砂里芋の絶対条件である「砂丘地」とは海岸などの砂地を使った方法の農業方法です。

 

そんな砂丘地は地温の上昇が早く9月には出荷できます。

 

また良い砂里芋にはかん水が必要不可欠で、夏の高温になる時期は毎日のようにスプリンクラーでかん水を与えます。

スポンサーリンク

砂里芋の味は?販売されている?

砂里芋の特徴は砂丘地で栽培されていながら砂の付着が少なく、食感は独特で「ねっとりながら口溶けがよく」、「肉質もよいので食べごたえがある」ようで高値で取引されます。

 

また煮崩れしにくく真っ白な肉質を持っており、煮物やサラダにしてそのままの形で丸ごと味わえそうですね!

 

そんな砂里芋は通販でも販売されています。

砂里芋の通販

 

砂里芋を取り扱っているJA北越後では、大手のイトーヨーカ堂に産地に招きPRをして取り引きの拡大を図っているようです。

 

上手く行けば身近なスーパーにも、近いうちに砂里芋が販売されている可能性もありますね!

身近なスーパーでも販売される?独特な味・食感・栽培をもった砂里芋!

決められた栽培方法で独特な味・食感を作り上げている新潟ブランド・砂里芋。

 

通販でも販売されており、いつしかイトーヨーカ堂のスーパーにも並ぶ日が近いかも?

みなさんも機会があれば、砂里芋を食してみてください!

 

せばな~