2016年9月8日放送の「所さん!大変ですよ」ではある資源を巡って争奪戦が繰り広げられています。

 

その資源を手に入れるために正規の取り引きのほか、違法採掘や密輸なども行っており、日本でも家の裏山が突然無くなるという事態が起きています。

 

他国のインドネシアでは島が無くなるという自体も起きています…

 

そんな資源の争奪戦が起きていますが、

その貴重な資源とは?

なぜその資源が略奪・密輸・違法採掘をするほど貴重なの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サンド・ウォーズとは?砂が違法採掘される?略奪・争奪戦が起きるほど貴重なの?

サンド・ウォーズ

この貴重な資源とは砂で、世界中で砂が乱獲されています。

 

一見砂なら砂漠もあるし腐るほどあると思いがちですが、砂漠の砂は風化しすぎて使えない等と、砂といっても使える資源は決まっていて限られています。

 

そんな砂は貴重な資源であり、地球上もっとも消費量の多い資源と言われており、砂の取り合いの争いがひどいことから「サンド・ウォーズ」と言われています

砂は貴重な資源?いろんな用途に使える?

砂はは二酸化ケイ素が原料で、その原料が色々な製品に使われます。

 

二酸化ケイ素は洗剤、トイレットペーパー、歯みがき等の一般用品、ジェットエンジンの軽合金、パソコン、携帯電話や様々な建築材にも使われています。

 

そして最も使われるのは建築関係で、コンクリートには7割ほど砂が使用されて、骨材といわれています。

 

建築関係で砂を使用する際は、一軒家で200㌧、病院等の大きな建物なら3000㌧、高速道路は1キロごとに30000㌧、原子力発電には1200万㌧と恐ろしいほど砂が使われています。

 

日本だけでもこれだけの量が使われており、一年間で地球上で採取される砂は150億㌧と言われており、地球上もっとも消費量が多い資源というのも納得です!

砂が採り尽くされた?資源争奪・略奪戦で違法採掘・密輸?

これほど消費されている砂のため、実はもう陸上の砂は採り尽くされたと言われています。

 

そのため、資源を確保しようと海底からまたは違法に採掘して密輸したりしています。

 

海底にある砂を巡って採掘をしていますが、海底の砂を採掘するのは環境破壊の温床となって日本はもちろんの事、違法行為として取り締まっています。

 

海底の砂を採取すればそこに住んでいた生物も一緒に刈り取る事となり生態系が崩れて、海を生業としている漁業に影響を及ぼします。

 

また砂で出来た島は絶妙な環境のバランスによって保たれていたのに、砂の採掘により結果インドネシアではいくつかの島が消滅するほどでした。

 

他にもどうしても砂が欲しくて不正取引で砂を得たりと、違法を行ってもいます。

 

日本でも裏山が無くなったのも、資源にくらんで採掘したのでしょう。

それほど砂は建築資材として各国で使われており魅力的な資源です。

スポンサーリンク

危ないサンド・ウォーズ!砂は地球上最も消費される資源!違法採掘・略奪・争奪するほどほしい!

地球上で最も消費されている資源の「砂」。

 

建築資材としては確実に必要な物で、人口が増えれば住む家が必要となれば自然と砂が使われ続けるというのは容易に想像できますよね?

 

それは各国共通で、だからこ違法行為や環境破壊をしてでも手に入れる資源なのでしょう。

 

結果、環境破壊による生態系崩れて漁業等の他の働いている人の障害になったり、さらには島が無くなるという危機が起きているのでこのままではまずいでしょう…

 

なにか砂に変わる代用品を見つけるか、それとも自分たちが使った資源を再利用する方法で資源を消費するだけの流れではいつか枯渇してしまうでしょう。

 

日本でも裏山が無くなったりしているので人事ではありません。

 

まさにこの争いは世界中を巻き込んだ「サンド・ウォーズ」と言われるのも納得しました。

 

せばな~