お笑いコンビ・バイキングの小峠英二さんと熱愛し破局で注目を集めたタレント坂口杏里さん。

 

そんな彼女は所属事務所「アヴィラ」を退社し、アダルトに転身したという事が判明しました。

 

しかし、この報道に一般人は「誰?」という意見も少なからずありました…

 

ということで今回は、

坂口杏里さんって誰?芸能活動内容は?

なんでバイキング小峠英二と別れたの?

なぜ転身したの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

坂口杏里って誰?バイキング小峠英二との破局理由?なぜ退社?転身した理由は?

坂口杏里 プロフィール

坂口杏里 転身

生年月日    1991年3月3日
出身地     東京都
血液型     B型
活動
デビュー    2008年
ジャンル    バラエティタレント
モデル内容   一般

 

坂口杏里さんの母親は女優の坂口良子さんで二世タレントですね。

 

実父は元不動産会社役員と一般のかたですが1994年に離婚して母子家庭で育ち、2012年にプロゴルファーの尾崎健夫さんと再婚をしています。

 

大の勉強嫌いで、小学校の時は度々成績で母親が呼ばれて、小テストは隠して母親を怒らせたりするほど。

中学時代はオール1の成績を叩きだして母親を呆れさせてもいました。

 

そのおバカ具合は芸能活動でも発揮し、「踊るさんま御殿」では、

明石家さんま「得意科目は?なんかひとつくらいあるやろ?」

坂口杏里「…カンニング!!!」

と元気よく発言していました。

坂口杏里 おバカタレントとして活躍?きっかけは?

坂口杏里さんは2008年にモーニング娘。に憧れて芸能界に入ります。

 

そんな坂口杏里さんは先ほど言ったとおり、おバカというネタを引っさげておバカタレントとして活躍を果たします。

 

それだけでなく2014年には映画「ハニー・フラッパーズ」で初主演を務めたり、スレンダーなスタイルを武器にモデルとしても活動をしていました。

坂口杏里、バイキング小峠英二と交際!破局理由は?

おバカタレントとして活躍をしていた坂口杏里さんは、2014年10にバイキングの小峠英二さんと手を繋いでデートしている所を報道されて熱愛が発覚します。

 

坂口杏里さんは正直な子で母子家庭にもかかわらず、坂口良子さんは仕事詰めでかまってもらえませんでした。

そのため坂口杏里さんは愛情に飢えていた人で、だから無償の愛を与えてくれる小峠英二さんはストライクで付き合ったようです。

 

そしてTwitter上でもラブラブぶりを披露していましたが、2015年7月には破局を迎えてしまいました。

理由は実際に付き合いだすと考え方や価値観が違ったようです。

 

バイキング小峠英二さんは結婚願望がないのに対して、坂口杏里さんは「10代に結婚したい」と結婚願望が強くて「出来ちゃった結婚を画策」するほど。

 

そういった価値観のズレや周りからは「ビジネス婚」とも言われて心が折れた坂口杏里さんは破局を迎えたようです。

坂口杏里、夜遊びで借金まみれで転身?ホストにのめりこんだ?

実は小峠英二さんと破局を迎える寸前で会っていなかった時に、愛に飢えて公言してホストに通っていたようです。

 

交際中にも関わらずホストクラブに5時間滞在して後にアフターでホストと合流して再びお店に戻っていく程で、これは小峠英二さんと価値観のズレも起きますね。

 

そして破局後は歯止めがきかなくなり、夜遊びにのめり込んでいき、この豪遊ぶりにネットでも呆れられていました。

 

そんな豪遊をしたことで借金が膨み、タレントとしてもおバカタレント以外武器もなくて活躍できず、事務所を退社して転身したのではないかと言われています。

 

坂口杏里さんも自身のInstagramを削除したりと、準備も着々と整えているようです。

スポンサーリンク

坂口杏里、転身理由は借金?バイキング小峠英二も驚く夜遊び!

事務所を退社し、衝撃転身をすることとなった坂口杏里さん。

 

その理由は夜遊びの豪遊による借金と言われていますが、実は母親も多額の借金を抱えた経験があります。

 

母親の坂口良子さんは前の夫から知らない間に連帯保証人にされて、約40億円の借金に苦しんだことがあります。

 

まさか親子二代で借金に苦しむ自体になるとは…

 

母親の坂口良子さんは女優を貫いて頑張りましたが、坂口杏里さんは安易な転身のように見えます…

 

話題性は有りますがそれも一時のこと、今の借金は無くなるかもしれませんがその豪遊を直さなければまた借金を抱える事態になっていしまいます。

 

タラレバの話ですが、もしバイキングの小峠英二さんとこのまま付き合っていたら、愛に飢えて暴走することもなく芸能活動を続けていたのかもしれませんね。

 

せばな~