2016年10月7日放送の「究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」に出演する俳優・六角精児さん。

 

六角精児さんは鉄道王として「日本の列車50を全て答えれるか?」答えるようです。

 

そんな六角精児さんは番組で鉄道王と言われるほど、電車オタクで愛が凄いとのこと。

 

ということで今回は

六角精児さんが鉄道・電車にはまったきっかけは?

鉄道・電車好きエピソードは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

六角精児は電車・鉄道オタク?好きになったきっかけは?エピソードは?

六角精児 鉄道

母親が教育ママで子供の頃はビシビシ言われていた六角精児さん。

当時、小学生で初めて新幹線に乗ったのが鉄道好きになったきっかけの一つとのこと。

「ビュッフェにメーターがあって、200キロを超えた時のみんなの歓声がまだ耳に残っています。」

と語っており、昔から鉄道・電車が好きだったようです。

 

そんな鉄道好きの六角精児さんですが、俳優としてブレイク前の一時期はギャンブル依存症で多額の借金を負うほどでした。

 

しかし、2006年に「電車男」に出演したことを皮切りに出演が増えて借金を返済。

 

ただこのままギャンブル依存症では生活に支障をきたすと考えた六角精児さんは、興味の対象を元々好きだった鉄道・電車にシフトチェンジ。

 

2000年頃からは鉄道ファン・乗り鉄となったようです。

 

そのため、あれだけのめり込んだギャンブの分さらに鉄道・電車へのめり込み、電車・鉄道愛が深まりました。

六角精児は乗り鉄で電車・鉄道オタクには有名?

「仕事でロケに行った時には近くの鉄道に乗ったり、数日休みがあったら(地方に)行きます。
ローカル線が好きで、昔のいわゆる国鉄車両が現れたりすると心がときめきますね。
たどり着いたところに楽しいことがあればなおいいんですけど、何もなくてもかまわない。
その地域の空気感に触れるのは好きですね。鉄道だけではなく、降り立ったところに浸るのが好き」

六角精児さんは鉄道・電車ファンの中からも”乗り鉄”として有名。

 

またバラエティ番組「タモリ倶楽部」の企画「タモリ電車クラブ」に、タモリ電車クラブ会員番号No.20として鉄道・電車好きの力を発揮。

 

以降、鉄道関係の番組出演も増えて、メ~テレ開局50周年記念ドラマ「名古屋行き最終列車」で鉄道員役、BSプレミアム「六角精児の呑み鉄本線・日本旅」と鉄道・電車好きが仕事に良い影響を与えています。

スポンサーリンク

鉄道オタク?六角精児の電車好きはファンからも有名!今後も情熱を注いで!

ギャンブでのめり込んだ情熱を元々好きだった電車に注ぎ込んで、今では鉄道関係の仕事をとってくるほど「鉄道好き」で有名となった六角精児さん。

 

ギャンブル依存症の克服として鉄道好きにシフトチャンジした過去があったとは…

しかし今は鉄道好きという健全な趣味で、しかも趣味が実益も兼ねていてよかったですね!

 

今後も鉄道・電車好きとしてどんな方向で関わっていくのか、六角精児さんと鉄道・電車との交わる活動に鉄道・電車ファンは注目し続けてください!

 

せばな~