2017年2月24日から始まった毎月末金曜日に訪れるキャンペーン「プレミアムフライデー」。

 

しかしプレミアムフライデーとはいったいどんなキャンペーンなのでしょうか?

またそのキャンペーンを実施している企業はどれくらいいるのでしょうか?

 

ということで今回は、プレミアムフライデーについて、

プレミアムフライデーとは?

プレミアムフライデーを実施している企業はどれくらい?

プレミアムフライデーを実施してありがた迷惑な理由?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

プレミアムフライデーとは?実施企業は2.5%?導入企業一覧紹介

プレミアムフライデーとは、毎月末金曜日行われるキャンペーンで後3時に仕事を終えることを奨励する働きです。

 

また毎月末金曜日に早く仕事を終えることで、給与支給日直後で夕方を買い物や旅行などに充てることを推奨するように働きかけています。

プレミアムフライデーとは
(画像引用元:http://blog.esuteru.com

そして2017年2月24日から実施されることとなりました。

実施企業は2.5%で導入した企業は?導入しても仕事時間は変わらない?

ついに始まったプレミアムフライデーですが、調査によるとプレミアムフライデーを「奨励・実施することが決まっている」職場はわずか2.5%という事実が分かりました。

プレミアムフライデーとは
(画像引用元:http://www.itmedia.co.jp

2月3~6日にネットを使って調査し、20~59歳の男女6750人が回答した調査でしたが、「実施しないことが決まっている」は20.9%、「分からない」76.6%と、そもそもプレミアムフライデーが認知されていませんでした。

 

そんな中で、プレミアムフライデーを実施すると宣言したのは大和ハウス工業株式会社です。

プレミアムフライデーとは 実施企業
(画像引用元:http://www.daiwahouse.com

大和ハウス工業株式会社では「午後休」と、更に上をいく方針となっています。

 

他にも導入した企業は以下となっています。

  • 清水建設
  • 森永乳業
  • ヒューリック
  • サンワカンパニー
  • USEN
  • 三菱自動車
  • 住友商事
  • 三菱地所
  • ソフトバンク
  • サントリーHD
  • トリンプインターナショナル

 

しかし、プレミアムフライデー実施企業も所定労働時間の時短をする事はない所もあります。

 

実際に当日を全休・午後半休取得奨励日として、住友商事は自分の有給休暇を使って休んでくださいとのことです。

スポンサーリンク

プレミアムフライデーは街飲食店にとってありがた迷惑?

プレミアムフライデーで早く仕事を終えた人たちが、飲食店に訪れたりとプラスになるかと思いきや、むしろ人が来なくなって売上が下がると批判が出ているようです。

 

理由は午後3時に会社が終わったら、すぐ飲みに行こうなんて人はいるはずもなく、家族がいる人ならそそくさと帰ってしまうからです。


(画像引用元:https://d1som9eclaj1c0.cloudfront.net

確かに時間もできたので食材を買って家で飲んだり、次の土日のパーティー、レジャーに向けて準備するために帰る人が多くなりそうですね。

 

そのため、本来は今月末の金曜日は多くの会社が「給料日」なので通常日の1.5倍以上の売上が見込める稼ぎ時が、全てなくなってしまう危険性があるのです。

 

飲食店はあの手この手のイベントでなんとか午後3時に帰る会社員にを引き留めようとしますが、今後どうなることやら…

 

そもそも午後3時に帰れる人が、そんなにいないので取り越し苦労になるかもしれないですが…

プレミアムフライデーとは?実施企業は2.5%で導入企業は少ない!

今のところ、プレミアムフライデーの意味すらあまり認知されておらず、導入するのもごくわずかの企業のようです。

 

しかも導入する企業の中には、有給休暇でつかってと、結局労働時間は変わらないというところもあります。

 

更に飲食店からは不平不満があったりと幸先は悪いようです。

 

前途多難なプレミアムフライデーですが、これが企業に浸透し、政府の思惑通り回っていくのか今後の結果に注目です。

 

せばな~