2016年10月12日放送の「世界の何だコレ!?ミステリーSP」ではフィリピンで「世界一長い地下河川」を調査するようです。

 

世界一長い川といえばナイル川ですが、まさかフィリピンには地底では世界一長い川を持っていたとは?

 

なぜこんな長い川が出来たのでしょうか?

 

ということで今回は、

世界一長い地下河川とは?

なぜ地底に長い川ができたの?

一般人でも見に行ける?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フィリピンに世界一長い地下河川?プエルトプリンセサとは?なぜ地底にこんな川が?

世界一長い 地下 川

世界一長い地下河川があるのは、フィリピン諸島の南西にあるパラワン島に流れている「プエルトプリンセサ地下川」という川です。

 

ちなみに近くの街の州都プエルトプリンセサから取ったものだが、厳密にはサバンという所にあります。

 

プエルトプリンセサは全長約8.2kmで「世界一長い地下川」として認定されています。

 

この地下川は19世紀末に欧米の探検家が初めて調査して、世界一長い地下川という事が判明しました。

 

そんな地下川、プエルトプリンセサは独特な生態系を持っており、1999年にはユネスコの世界遺産に登録されています。

なぜ世界一長い地下川が出来たの?

プエルトプリンセサ地下川があるパラワン島は石灰岩でできた島で「雨の島」と言われるほど雨量が多い島です。

 

そのため大量の雨により、石灰岩を削って海に流れ込み地下を形成

地底に洞窟と海に流れ込む、世界一長い地下川が出来たのです。

スポンサーリンク

世界一長い地下川「プエルトプリンセサ」に観光できる?

プエルトプリンセサ地下川があるパラワン島は数年前までは地元フィリピン人でさえあまり訪れない場所でした。

 

しかし1999年世界一長い登録後以降は観光客が集まっていき、フィリピン政府もそれに乗じてパラワン島の観光業の発展と、環境保護を進めていきました。

 

今ではパラワン島はダイビング等のアクティビティな観光名所となっており、プエルトプリンセサ地下川も「世界一長い地下河川を巡るボートツアー」として人気です。

フィリピンの観光名所!世界一長い川「プエルトプリンセサ地下河川」!地底の神秘をぜひ!

今では観光名所となったパラワン島で、人気観光ツアーとなった世界一長い川「プエルトプリンセサ地下河川」。

 

何年も掛けてできた世界一長い地底の神秘を体験出来るのは良いですね!

 

みなさんも、機会があればフィリピンのパラワン島に行って自然を満喫してください!

 

せばな~