大阪市鶴見区にあるベラジオというパチンコ店の店長が不正を働いたことが話題となっているようです。

 

しかも、なんと店長とのやりとりのLINEの内容のスクリーンショットで撮り、ネット上に掲載したことで発覚しました。

 

そのLINEの内容はどうなっているのでしょうか?

またパチンコ店店長がサクラの不正に違法性はあるのでしょうか?

 

ということで今回は、パチンコ店店長がサクラの内容と合わせて、サクラによる違法性はないのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

パチンコ店店長がサクラ不正内容の画像は?違法性や合法と罪になる場合とは?

パチンコ店店長は、客に紛れ込んで良い台を打たせるサクラを雇い、サクラがパチンコで稼いだお金を受け取っていました。

 

行われたパチンコ屋は大阪市鶴見区にあるベラジオところです。

 

そしてパチンコ店の店長が不正を働いた内容が、ネット上に掲載されてしまいました。

以下がその店長とのやりとりのLINEの内容となります。


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp

 

またサクラするための会話もしていたようです。


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp


(画像引用元:http://blog.livedoor.jp

実はこの暴露前に投稿者が1月30日にネット掲示板で相談していました。

 

しかし、「証拠がないと信用できない」「営業妨害だ」とあしらわれ、不正した店のベラジオにも報告したようですが、返事が来ませんでした。

 

そのため、しびれを切らした画像を拡散して、ここまで騒動になってしまったようです。

 

サクラの不正をした店長は、2016年9月に店長なりましたが、いつごろから不正行為を働いていたのかは不明とのことです。

 

ベラジオでは自社のウェブサイトにお詫びを掲載し、該当店舗従業員の不正行為を認めており、何かしらの処分は下されるようです。

サクラは不正?違法や合法と罪になる場合がある?

今回のサクラのようにパチンコ・パチスロにおいて、個人や組織に雇われて遊戯をする行為は「打ち子」と呼ばれます。

 

そしてその「打ち子」には合法と違法の場合があるようです。

 

【合法の場合】

●雑誌のデータを取るためにお客様に紛れてサクラとして雇う場合
●パチンコプロ集団が雇い、細工を行わずに打つ

 

【違法の場合】

●パチンコプロ集団が雇い、細工をして打つ
●あらかじめ高確率の台を知っている店長や主任が雇い、その稼ぎをもらう

 

今回はあらかじめ高確率の台を知っている店長や主任が雇いその稼ぎをもらうのは、店の売上を横領ということで「業務上横領罪」や「詐欺罪」となります。

 

業務上横領罪は十年以下の懲役、詐欺罪の刑罰は10年以下の懲役となります。

 

そして雇われた方も共犯として、業務上横領罪や窃盗罪の罪になりますので、お気をつけください。

スポンサーリンク

パチンコ店店長がサクラ不正画像が流出!違法性や合法と罪になる場合がある!

今回起きた事件は横領ですので、罪に問われるようです。

 

ただ、サクラでもデータ収集等で雇われるのは合法もあるようです。

 

みなさんもパチンコを打つ仕事をする時は、共犯になる場合があるので、合法か違法かを判断して行いましょう。