2017年3月17日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「ピンク色の醤油がある?」

 

醤油は基本的に黒が普通ですが、まさかピンク色とあまり食欲が湧かない色が販売されているのでしょうか?

 

ということで今回は、ピンク色の醤油について、

なぜ作ったの?

使い方や味は?

販売店は?通販で買えるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ピンク色の醤油の使い方や味は?販売先や原料は?通販で購入出来る?

実際に鳥取県で「ピンク醤油華貴婦人」というピンク色の醤油が販売されています。

ピンク 醤油
(画像引用元:http://grapee.jp

ピンク色の醤油はブリリアントアソシエイツ株式会社の社長が女性らしさを出すために、こだわった作品で、日本のどの家庭にもあるだろう醤油に着目して斬新な色をチョイスしたとのことです。

ブリリアントアソシエイツ株式会社

 

そしてこの醤油以外にも、「華麗(カレー)」「華麗(カレー)うどん」「マヨネーズ」とピンクシリーズを作り出しています。

 

 

ピンク色の醤油は容器にもこだわり、お洒落な外観が女性を中心に大人気とのことです。

ピンク色の原料は?

ピンク色の原料は鳥取県で収穫された赤ビーツを使っています。

ピンク 醤油 使い方
(画像引用元:http://weboo.link

大豆から作った白しょうゆに赤ビーツを加えることで、色がピンク色に染まり、ピンク色の醤油が出来上がります。

 

ちなみにピンクカレーも、赤ビーツを原料にピンク色に染め上げています。

 

赤ビーツはカリウム、鉄、リン、マグネシウム、ナトリウム、カルシウム等の栄養が豊富で、「飲む天然輸血」と言われているほどです。

 

更に美肌に必要なビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEや食物繊維も多く含まれています。

 

それだけでなく、血流を良くするといわれている一酸化窒素も多く含まれていて、注目されています。

スポンサーリンク

ピンク色醤油の味や使い方は?

ピンク色の醤油は、ビーツを入れただけですので、しっかりとした醤油で、まともな味です。

 

味は少しとろみのある甘口で、だしのうま味が効いているとのことです。

 

そのため、使い方は、そのままでお刺身や冷奴、薄めて煮物やお吸い物などに使うのが良いとのことです。

ピンク 醤油
(画像引用元:https://imgfp.hotp.jp

また和食だけでなく、洋食とも相性が良いので、色んなアレンジ料理に挑戦して活用してみてください。

販売店は?通販で買えるの?

ピンク色の醤油「ピンク醤油華貴婦人」は全国ネットで通販で売られており、内容量100mlで1695円(税抜)ほどします。

 

他にも先ほど紹介した通り、カレーも有り、セットでも販売しているので、興味がそちらも合わせて買ってみるのも良いかもです。

【47CLUB限定!】 ピンク華麗&ピンク醤油セット

 

ちなみに、「ホワイトデーや誕生日、母の日など大切な人へプレゼントすれば喜ばれること間違いなし」とのことです。

ピンク色の醤油の使い方や味は変わらない!販売先と通販で購入!

ピンクシリーズの一つ、ピンク色の醤油「ピンク醤油華貴婦人」はショッキングピンクですが、味や使い方はまとものようです。

 

醤油屋が考えない、女性ならではの斬新なアイデアで、面白いですね!

 

正直、自分は食欲はそそりませんが、こういった可愛いという観点で女性からは需要がありそうですね!

 

今後もこの会社には鳥取の赤ビーツを駆使し、色んなピンクシリーズを作って革命を起こしてもらいたいです。

 

せばな~