2016年1月4日放送の「ナカイの窓」では「美のカリスマSP」として(メークアップアーティストの本田ヒカルことピカ子さんが出演します。

 

ピカ子さんはメイクだけでなくその超絶セレブっぷりが話題となり、テレビの露出もどんどん増えて裏方なのに表舞台で活躍しています。

 

そんな中でピカ子さん魅力はその毒舌っぷりが注目されて、数々のAKBや同業者にもはっきり言います。

 

ということで今回はピカ子さんについて、

ピカ子さんのプロフィールや経歴は?

ピカ子さんがメイクダメ出しや口論した相手は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ピカ子 プロフィール

ピカ子 経歴
(画像引用元:http://girly.today/8099)

本名      本田ヒカル
生年月日    1971年9月21日
出身地     北海道札幌市手稲区
活動
職業      メイクアップアーティスト タレント
趣味      ワイン、クラシック音楽
好きな食べ物  うに
事務所     ホリプロ

経歴

ピカ子さんんは1990年の大学生の頃にスカウトされ在学中にファッションモデルとなりますが、1997年にアシスタントとしてメイクアップアーティストへ転身します。

 

そしてその後1999年には日本での活動を中心にファッション誌等に携わっていきます。

 

さらに海外と活動場所を移し、ニューヨークやミラノ、パリなどファッションの最先端で活躍しています。

 

中にはブラットピットやアリシア・キーズ等のメイクも経験をしているそうです!

 

そんな世界的に有名なメイクアップアーティストになったピカ子さんは自分の会社を立ち上げて、コスメブランドや美容室等のオーナーとして稼ぎます。

 

化粧品のTVショッピングでは1時間で1億円を販売したとして、利益の2000万円はピカ子さんに入るという「時給2000万円」の伝説を持っています。

 

現在はもう一生暮らしていけるお金を稼いだため、会社はたたんでメイクの仕事だけと好きな事をしているようです。

 

それでもタレント活動や本業のメイク関連の仕事をしたりと、まだまだ稼ぎ続けているピカ子さんでした。

ピカ子とakbやおぐねー、大沢ケイミらのメイク毒舌が凄い!

ピカ子VSおぐねー

2016年11月7日に放送「7時にあいましょう」にて、ピカ子さんとおぐねーさんが礼儀をめぐってバトルをしました。

ピカ子 おぐねー
(画像引用元:http://livedoor.blogimg.jp/soku113/imgs/4/1/412288f1.jpg)

おぐねーさんは先輩である自分に対して「あいさつをしない」「態度が悪い」と礼儀がなっていないとして、ピカ子さんに噛み付いていました。

「必要ない。尊敬してないおぐねーに良くしてもらいたいと思わない。私の人生にそれは必要ない」

「はっきり言うよ。おぐねーに仲良くしてもらいたいとか良くしてもらいたいと一ミリも思ってない。必要ない。
尊敬してないおぐねーに良くしてもらいたいと思わない。
私の人生にそれは必要ないもん」

「(おぐねーの二番煎じと言われて)二番煎じって言ったよね、別に一番でも二番でもよくない?
おぐねー古いよ。その考え方。
おぐねーみたいになりたいとは一ミリも思ってない。外見が古臭くてダサい」

またピカ子さんはあいさつをしないのは、芸能人ではないので楽屋訪れるのはおこがましいと、あくまで裏方というスタンスだったからのようです。

 

この口論ではピカ子さんが終始圧倒して、おぐねーさんは収録中に泣いてしまう事態となりました。

 

しかしこの口論に礼儀がなっていないとして、ピカ子さんに批判の声が多かったようです。

 

ただこれに関してはおぐねーさんは昔堅気の実績重視で、ピカ子さんは海外など実力主義の世界で闘ってきたと、価値観の違いによるものでしょう。

AKB48もピカ子がメイク毒舌!

2012年4月12日放送のにてAKB48と共演したピカ子さん。

その時に、ピカ子さんはAKBのメイクを徹底的にダメ出しをしていました。

板野友美はヤンキーメイク

「今時レディースもしないヤンキーメイク」

「まゆ毛がね、ちょっとこのへん青かったりとか、ボーボーな感じがすんの」
「青く感じるところに、色を入れるためのチークをまぶすと青さが消える」

ヤンキーメイクと毒舌で板野友美さんを不機嫌にさせるピカ子さん。

ピカ子 akb
(画像引用元:http://akb48teambfan.blog.fc2.com/blog-entry-436.html)

しかしそこは世界的に有名なメイクアップアーティストとして、適確にアドバイスをしていました。

 

そして「全体感は、ブスじゃないと思う」と上手くフォローして落として上げて板野友美さんは笑顔を取り戻していました

 

ちなみに採点は100点満点中30点でした。

高橋みなみは暗黒メイク

「暗黒メイクでお先真っ暗!」

「なんかねえ、お顔がもうオバン臭いんだよ!」
「どどめ色っていうか」

「だからなんかオカルトっぽいっていうか…」

「顔の中央には明るいファンデーションを塗って、口の周りはスッピンに」

板野友美さん同様に「暗黒メイク」といきなりきつい言葉を言います。

ピカ子 akb
(画像引用元:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/3ITNcGU0lX.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter)

そして、そこからプロとして適確なアドバイスをして、前髪もダサいと指摘されていました。

 

ちなみに採点は100点満点中15点でした。

柏木由紀は「ザ・不潔ちゃん!」

「まつ毛がねえ、なんかムラムラなのよ」

「こういう女は、風呂入ってないでしょ?」

「薄くて短いまつ毛を生かした方が良い」

いきなり字幕で「ザ・不潔ちゃん!」と出て、まつ毛がムラムラで汚いという指摘をされる柏木由紀さん。

ピカ子 akb
(画像引用元:http://abaruparopa.ldblog.jp/archives/5383612.html)

しかし、適確なアドバイスを忘れずしていました。

 

ちなみに採点は100点満点中0点と最低点でした…

セレブ気取りの大沢ケイミも叩き潰す

「解決!ナイナイアンサー」でセレブ気取りだった大沢ケイミさんがいましたが、ピカ子さんがボコボコに潰します。

ピカ子 メイク
(画像引用元:http://pikako.jp/42.html)

今まで大沢ケイミさんは、これまで芸能人の家に訪問してケチを付けていましたが、ピカ子さんの家の訪問では上手くいかなったようです。

大沢ケイミ「うちと一緒!やるじゃん!でもうちの方が光が綺麗」
大沢ケイミ「窓をつなげたほうがいい(バラバラの窓ではなく1枚の大きな窓のほうがいい)」

大沢ケイミ「カッシーナおすすめ。うちはカッシーナで揃えている」
ピカ子「カッシーナってね、あんまりおしゃれじゃない人が行くから」

大沢ケイミ「うちの壁は全部鏡になってて、こんな鏡を置かなくても大丈夫」
ピカ子「それ鏡の質が安いのよ」

大沢ケイミ「うちのベッドシーツはシルク製で肌触りがすごくいい」
ピカ子「これインド綿。シルクは貧乏臭ーい」

本物のセレブぶりを見せつけたピカ子さんに、大沢ケイミさんはタジタジ。

 

最後は大沢ケイミさんが「超好きになった、めっちゃおしゃれだし。大好き」と擦り寄ってきて、ピカ子さんが許して完全勝利していました。

 

確かに大沢ケイミさんは旦那が金持ちというだけで、ピカ子さんは自分で稼いだ金によるセレブと質が違います。

 

このピカ子さんの圧勝で、視聴者は大沢ケイミさんの悪態を成敗できたと好評で、ピカ子さんの人気があがりました。

スポンサーリンク

経歴だけでなく、ピカ子のakbやおぐねー、大沢ケイミらのメイク毒舌も魅力!

すごい実績と実力を兼ね備えたピカ子さんですが、その物言いに賛否はありますが人気のようです。

 

これからもそのはっきりとした物言いで、タレントとしても活躍をしそうですね!

 

そしてバッサバッサと芸能人を叩き切り、プロとしてメイクのアドバイスをして色んな方を美しくさせてください!

 

せばな~