テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ!」にて紹介される日本最大級の火の祭典「扇山火まつり」。

この祭りは留学生が山火事を間違えて警察に言うほど、山が燃えるということで有名な祭りとのことです。

 

そんな火の祭典「扇山火まつり」ですが、

どんな祭りなの?

いつ行うの?場所は?

見所は?おすすめスポットは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

火の祭典「扇山火まつり」とは?見所・場所・おすすめスポットまるごと紹介!

扇山火まつり

大分県別府市にある標高815mの大平山で「扇山の火祭り」は行われます。

 

大平山は扇を逆さにしたように草地が山頂から下まで広がっていることから、別名”扇山”とも言われて親しまれていました。

そんな“扇山”の草に火をつけて焼く「野焼き」が行われますが、それが「扇山の火まつり」と言われています。

 

「野焼き」は枯れ草を灰にして肥料にすることで、春に生える作物がよく育つように行った作業です。

この「野焼き」は温泉神社の春の神事であり、「火祭り」と行事として言われるようになりました。

 

現在は山の炎の美しさに観光客も多く訪れるようになりました。

扇山火まつり場所

〒874-0840 大分県別府市鶴見(大字)大平山

扇山火まつり 時期 見所

時期:4月1日

 

山に火が付けられるのは18時半ごろで合図の花火が上がります。

点灯した小さな火が少しづつ炎が灯っていき、暗くなるにつれて炎も増していきます。

 

扇山の下から扇の頂点まで燃え上がっていき、まるで生き物が扇の頂点まで這い上がるように火が移っていきます。

全体が炎に包まれた時は、暗い闇の中から山が光っているように見えて絶景です。

 

じっくり鑑賞をしたい場合は夜ですので宿泊をするのがおすすめです。

⇒鉄輪温泉宿泊先

扇山火まつり場所、鉄輪温泉へのアクセス情報

JR博多駅隣接の「博多バスターミナル」「福岡空港国際線バスターミナル」高速バスの利用がおすすめです。

 

ノンストップバス・別府行に乗車し、約二時間ほどかけて「鉄輪口」バス停にて下車します。

※全席指定席ですので要予約

スポンサーリンク

扇山火まつりおすすめスポット~湯けむり展望台~

扇山の「野焼き」の光景は鉄輪温泉市街でしたら、どの場所でも大体は見えますがおすすめスポットは大観山町「湯けむり展望台」です。

ここは2010年に「日本夜景遺産」にも認定されているほど夜景が綺麗です。

 

ただでさえ夜景が綺麗なのに、そこに扇山の「野焼き」の光景も見れるので、その景色は正に絶景ですね!

【場所】
〒874-0042 大分県別府市、鉄輪東8組

【アクセス情報】

●電車

JR別府駅東口 20番線乗車「湯の川」下車で徒歩(上り坂)9分

16番線・26番線及び循環線乗車「貴船城」下車で徒歩(下り坂)10分

⇒湯けむり展望台

火の祭典「扇山火まつり」市街なら場所を問わず見れる!おすすめスポットもあり見所は山だけじゃない!

絶景は見れる「扇山火まつり」ですが、鉄輪温泉はもちろん温泉も有名です。

この「扇山火まつり」と同時期に「別府温泉まつり」が開催されており、まつりの期間中は100箇所以上の温泉が無料開放されます。

 

そんな「扇山火まつり」の絶景で心を踊らせて、温泉でゆっくり疲れを癒やしす為に、機会があれば行ってみてください!

自分のその燃え盛る火の山の光景を観ていたいです!

 

せばな~