都民ファーストとしてメディアの露出も多く知名度も高かった音喜多駿議員でしたが、突如 離党を決意しました。

 

そのことですぐにコロコロ変える音喜多駿議員の胡散臭さを感じましたが、離党理由は何なのでしょうか?

 

ということで今回は、音喜多駿議員が自ら告白した離党理由を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

音喜多駿 プロフィール

音喜多駿 離党
(画像引用元:http://www.todaishimbun.org

別名義     おときた駿(マスメディア表記)
生年月日    1983年9月21日
出生地     東京都北区王子本町
出身校     早稲田大学政治経済学部政治学科
前職      LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ従業員

 

大学卒業後はLVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループに入社し、フランスの香水・化粧品メーカーである「ゲラン」で営業・マーケティングを担当していました。

 

それから2012年にLVMHを退社し、2013年に東京都議会議員選挙に北区選挙区(定数4)からみんなの党公認で出馬して当選を果たして議員となります。

 

しかし、東京都議会のみんなの党会派の幹事長をめぐり、分裂して音喜多議員を含む4人が新会派「みんなの党」を結成して2013年9月には「みんなの党」政策調査会長に就任しています。

 

2015年1月からはみんなの党所属の参議院議員だった松田公太を党首に結党した「日本を元気にする会」に参加しています。

 

2016年1月からは「日本を元気にする会」に離党し、以後は無所属で活動する意向を表明しました。

 

ところが、2017年1月23日に「都民ファーストの会」の幹事長に就任し、都議会議員選挙における地域政党「都民ファーストの会」の1次公認候補となってトップ当選を果たします。

 

同年7月22日は選挙後の役員人事を受け「都民ファーストの会 東京都議団」の幹事長を退任しています。

スポンサーリンク

音喜多駿の離党理由は?小池の都民ファーストの実態を暴露?

都民ファーストとしてメディアの露出も多く、都議として活躍していた音喜多駿さん。

 

しかし、2017年10月3日に小池百合子東京都知事の国政関与は政治姿勢として疑問があることで、上田令子とともに都民ファーストの会を離党することを表明しました。

 

すぐに離党とはコロコロ変えるようで音喜多駿議員に胡散臭さを感じずにはいられませんでした。

 

しかし、10月5日の上田令子さんとともに行った記者会見での暴露で、都民ファーストの実態が明らかになったのです。

 

  • 私達都議は荒木代表や政調会長の選任を報道で知った後にメールで通達
  • 各都議は政務活動費15万円、党費6万円と合計21万円も毎月徴収される
  • 11月14日に都民ファーストの会の政治資金パーティーがある。
    パーティ券は1枚2万円で、各議員にはパーティ券販売ノルマが課されている。
    江戸川区の平均収入は400万円でこんな高額なチケットの政治資金パーティーはしたことがないく、誰に売ればいいか分からない。
  • 議員によって差はあるが、少なくとも言論統制、取材規制が行われていた
  • 音喜多都議はほとんどのメディアに出ることは事実上禁止されて耳痛な意見を述べることができなかった。
  • 音喜多都議が最近の総会で異議を発言すると、役員に呼び出され「あのような発言は慎むように。あのようなことは裏で言ってくれ」と諌められた

 

ざっくり編集してかいつまみ、以上が離党理由とのことでしたが、これはブラック企業のようにかなり制限されていたようですね。

 

確かに音喜多駿議員はよく情報番組「バイキング」に出て、「都民ファーストの会」でトップ当選を果たした直後も出演していました。

 

しかし、その後は全く「バイキング」に出演しておらず、単に忙しいからと思いきや、どうやら都民ファーストで禁止されていたようですね。

 

離党会見のフル動画も張っておきますので、全貌を知りたい場合はこちらをどうぞ。

音喜多駿の離党理由で小池の都民ファーストの実情が暴露された?

離党会見をした音喜多駿議員ですが、その理由で都民ファーストのお金の取りっぷりや、かなり制限されていたことが明らかになりました。

 

以前も衆議院選挙が始まり、公認候補予定者との小池百合子さんと一緒に写真撮影する際は3万円を請求したいりと、いくら資金が必要としてもかなり守銭奴に見えます…

 

そして、この暴露により都民ファーストを含め小池百合子さんはどう反応するのか注目ですね。

 

せばな~