大谷翔平さんの右足首の怪我により、WBCジャンパン代表になるかという問題で結局は外れることとなりました。

 

そんな世間を騒がせた大谷翔平選手の怪我ですが、なぜか元気にダルビッシュ有選手らとキックボクシングを元気にやっていました。

 

そのためWBCを避けるための仮病ではないかと言われて一騒動になっています。

 

結局、大谷翔平は怪我をしたの?

怪我をしたのはどのタイミングで、原因は?

 

ということで今回は、ダルビッシュ有さんの証言の元、大谷翔平選手が怪我のタイミングや原因を調査していきます。


スポンサーリンク

大谷翔平がキックボクシングと仮病?右足首怪我の真相は?

昨年10月の日本シリーズで走塁中に右足首を痛め、11月の日本代表の強化試合で悪化させ、1月31日には日本ハムがWBCに投手での出場を断念したことを発表していました。

 

しかし、ダルビッシュ有投手の元で自主トレに励んでいた際に、足首を痛めているはずの大谷選手がキックボクシングをしている動画がアップされていました。

この動画は年末年始の時期にアップされた映像らしく、この映像から1カ月後の1月末にWBC参加を正式に辞退しています。

 

そのため、キックボクシングをトレーニングで痛めたと軽率な行動をとった説と、WBCに出場をしたくないための仮病だった説が浮上し、疑われてしまいます。

キックボクシングで痛めた説は嘘!

キックボクシングのトレーニングで痛めたと疑われますが、ダルビッシュ有投手がツイッターで完全否定しました。

確かに普通のアスリートなら、怪我をしている時に蹴らせるわけがありません。

ダルビッシュ有選手が、先輩風を吹かせて無理やり蹴らせるわけもないです。

 

また大谷翔平選手ほどの自己管理をしている方が、軽率な行動を取るとは思えません。

 

そのため、キックボクシングで怪我は嘘かと思います。

スポンサーリンク

仮病は嘘でまた痛めてしまっただけ?怪我のタイミングは?

キックボクシングで痛めた説は嘘となると、残るは仮病説はこれもダルビッシュ有選手が解説していました。

フォロワーとの会話のやり取りで、大谷翔平選手が怪我の内容やタイミングも事細かに説明していました。

 

そして元々痛めていた右足首の怪我が、絶妙なタイミングで再発しただけのようです。

 

タイミングが微妙だけに、いろんな疑惑をかけられた大谷翔平選手ですが、このダルビッシュ有選手の解説で収束に向かえばいいのですが…

大谷翔平がキックボクシングと仮病は嘘!右足首怪我は再発?

ダルビッシュ有選手とWBCを巻き込んだ大谷翔平選手の右足怪我騒動ですが、絶妙なタイミングで怪我が再発しただけで、仮病等の疑惑はウソのようです。

 

しかし、怪我一つでここまで報道陣が躍起になったりと、やはり大谷翔平選手が日本野球界にとって凄い逸材で国宝と言われるだけあります。

 

色々言われていますが、今はとりあえず右足首の怪我を治すことに集中し、開幕戦に向けて準備してください。

 

せばな~