2017年1月7日放送の「ジョブチューン」では「神ってる面白さ!プロ野球選手ってこんなに面白かったんだSP」ということで、プロ野球選手出演して色々ぶっちゃけます!

 

そんな中で日本ハムの宮西尚生投手が大谷翔平のクソガキエピソードをぶっちゃけるとのことです。

 

大谷翔平選手ってみるからに好青年のイメージに見えますが、実はクソガキだったのでしょうか?

そして、それをぶっちゃける宮西尚生さんとの仲は大丈夫なのでしょうか?

 

ということで今回は大谷翔平選手について、

大谷翔平選手のやんちゃ・クソガキエピソードをまとめ!

クソガキを暴露した宮西尚生選手との仲は大丈夫?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います


スポンサーリンク

大谷翔平はクソガキでやんちゃ?宮西尚生が暴露して仲は大丈夫?

大谷翔平のやんちゃでクソガキエピソードまとめ!

有原航平投手と鍵谷陽平投手が暴露!大谷翔平にバカにされる!

有原航平投手と鍵谷陽平投手と一緒に大谷翔平選手が取材を受けましたが、そのときに大谷翔平選手のクソガキっぷりを暴露していました。

大谷 クソガキ
(画像引用元:http://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20160929/fig16092912000009-s.html)

いつもこの三人は寿司屋に行くようですが、年上ということで鍵谷陽平投手が払うとのことです…

鍵谷「給料(年俸2200万円)が一番安い僕が…。給料の3分の1くらいは食費に消えていますよ。
でも実は、すし会じゃないよね。『大谷翔平被害者の会』。
俺たちはひたすら(大谷翔平に)バカにされている

 

鍵谷「翔平は毎日試合に出ていると楽しそう。試合に出ていないと機嫌が悪くなって『つまんない…』とか言っている」

鍵谷「(試合に出るのが)『1週間に1回とか楽しいですか? 暇でしょ? 帰ってメシ食って、寝るだけでしょ?』って」(有原も大きくうなずく)

大谷「(小声で)それは思う」

まさかの先輩に不満を漏らして問い詰める、クソガキな大谷翔平選手。

 

他にも同時期に入団したが、年上の鍵谷陽平投手を「ソフトクリームみたいな髪形。かっこいいです」といじり倒すようです。

 

それだけでなく有原航平投手は、それ以上に被害を受けています。

有原「はい、普段からキャッチボールの終わりに、(大谷翔平に)胸にボールを当てられて…」

 

有原「でも、ここ最近で一番すごかったのは、俺が負けて、『あ~やっぱり大事なところ勝てないな』って。あれが一番きてるな~」

大谷「それは、ゲームの話じゃないですか! みんなで敵を倒すゲーム。有原さんは始めたばかりで弱い。大事なところで死んだりするから」

有原「いや、ゲームの世界を飛び越えて…。ナイーブなところ、突いてくるよね。7月22日から(9月22日まで投手として勝てず)長かったから…」

ゲームで間接的に煽り、キャッチボールでは胸に当てて怪我を負わせようとする、やんちゃな大谷翔平選手です。

上沢直之投手が暴露!先輩をいじり倒す!

1学年上だが年齢が近く仲のいい上沢直之投手とのトークイベントがあったときも、大谷翔平選手のクソガキっぷりを暴露していました。

大谷翔平 クソガキ
(画像引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/news/photonews_nsInc_p-bb-tp0-20150118-1423026.html)

実は先輩をほめ殺し、むちゃぶり、オチに使う等と、やりたい放題しており、このトークイベントでも上沢直之投手をいじっていました。

上沢「だから、くそガキって言われてるんですよ」

 

上沢「(仲のよさを問われ)バチバチっすね」

大谷「いや、尊敬してます」

上沢「うそつけ!」

 

上沢「(昨季終盤のCSでの経験を)プレッシャーに負けた部分がありました」

大谷「上沢さんはさすがでした(煽る)」

 

大谷「(登板前は大音量で音楽を聴いて集中するというエピソードを明かした上沢に対し)うるさいなとかはないですけど、今日もやってくれるんだろうなと思って見てます」

更に「ゴミ箱にゴミを投げると、何割くらい入りますか?」というユニークな質問に対しては、上沢投手に根拠のない無茶振りをします。

大谷「う~ん…投げないですね。
あっ、上沢さんは投げるらしいです」

上沢「こいつ悪いでしょ~。だから、くそガキって言われてるんですよ」

大谷翔平選手は球団内では悪ガキのイメージがついており、本人は気づかずにタメ口になっているようです。

 

さらに福岡出身の中島選手が言葉に方言が交じると「うわ、なんすか今の?」と、しつこく問い詰めて田舎者を煽っていきます。

 

そのためチームのスタッフからは、まさに末っ子という感じで、やんちゃな大谷翔平選手を見守っています。

両親も認めるやんちゃ坊主でクソガキ!

母親「本当にそうだと思います。お姉ちゃんとも『本当にクソガキだよね』と。」

両親も大谷翔平選手は末っ子ということもあり、やんちゃで負けず嫌いだったことを明かしていました。

母親「(3きょうだいの)末っ子だからじゃないですかね。何をやらせても要領がいい。
小さい頃から(2つ上の)お姉ちゃんが怒られるのを見たら、自分はそれをしない。
他には砂場で誰かが取り合いをしているのを遠めで見ながら、自分が使いたかったら、その子たちがいなくなった後に一人で悠然と使う。
周りを見て育ったからうまいのだと思います」

どうやらやんちゃですが、要領が良いため現在日本ハムで「クソガキ」として親しまれているようです。

大谷翔平 クソガキ
(画像引用元:http://www.daily.co.jp/baseball/2012/12/26/0005626271.shtml)

 

しかし実は昔は体が細くてそこまで強くなかったようですが、やんちゃで怪我をしたりしていました。

母親「疲れていると熱が出て病院で点滴。後は楽しみなことがあるとハイテンション。
運動会の前日は遊んでいる時にガラスに手をつっこんで、包帯を巻いたまま運動会に参加していた」

父親「高校に入ってからも最初のうちは月に1度は熱出して病院に連れていったという報告を学校から聞いていた。
3年生送別会は親も出席するのに、翔平だけ寮で休んでいるということもあった」

ところが大谷翔平選手は内に秘める負けず嫌い。

 

そのため見ないところで黙って練習を続けて、やんちゃながら地道な努力を怠りません。

母親「顔や態度に出すことはないけど、内に秘めるタイプ。
逆上がり、一輪車はみんなが見ているところで練習するのではなく、一人で見えないところで黙って練習していて『もうできるよ』と。
兄や姉など年上の子と遊ぶことが多かったから、一生懸命ついていくことが多かった」

父親「公園のジャングルジムも、上まで登らないと気が済まない。
見ている方は『そこから落ちたら』とか考えてしまうけど、普通にやってしまう。できないことがあると気が済まないんだろうね」

大谷翔平選手はやんちゃと言われるほど、昔から怪我を顧みずに果敢に挑戦していました。

 

だからこそ、現在は体も強くて二刀流として活躍するだけでなく、チームメイトとも打ち解けあって、すごく仲が良くなっているのでしょう。

スポンサーリンク

宮西尚生が大谷翔平のクソガキ暴露して仲は大丈夫?

今度は日本ハムのリリーフ投手・宮西尚生選手が大谷翔平選手クソガキっぷりを暴露するですが、二人の仲はどうなっているのでしょうか?

 

同じ球団、投手としてしのぎを削っている二人で、実際にパ・リーグ最優秀選手でも大谷翔平選手の満票を防いだのが、宮西尚生投手でした。

 

更に水を飲んじゃいけない昭和の野球を経験してきた宮西尚生投手は、大谷翔平選手の「ふくらはぎ足つる問題」についても指導環境の差を指摘していたりとバチバチしているように見えます。

 

しかしそこでも大谷翔平選手はやんちゃぶりを発揮して、宮西尚生投手と仲良くなります。

 

2015年からキャプテンに就任した投手リーダー・宮西尚生投手に、散髪屋に行くのが面倒だから両サイドのモミアゲを切ってもらっていました。

大谷「邪魔だったので、宮西さんに切ってもらいました。
本当は(切りに)行こうと思っていたんですけど、めんどくさかったので。
ちょうど誰かがバリカンを持っていたんでやってもらいました」

宮西「練習中に翔平が『髪を切りたい』と言ってきたんで部屋で切ってあげた。
初めは『ツーブロックみたいにしたい』とか言ってたんですけど、できないと言ってモミアゲを刈ったら(バリカンの)電源が切れてしまった。
でも95点もらいました」

そして切った宮西尚生投手満足げだったようです。

大谷翔平 クソガキ
(画像引用元:http://blog.livedoor.jp/fightersmatome/archives/43451757.html)

キャプテンの宮西尚生投手に散髪屋行くのが面倒だからといって頼み、さらに点数までつけるという、生粋の「末っ子体質」の大谷翔平選手でした。

大谷翔平はクソガキでやんちゃ!末っ子体質でキャプテン宮西尚生まで巻き込む!

大谷翔平選手はやんちゃで末っ子ぶりを発揮し、だから「クソガキ」と言われて周りから愛されているようです。

 

だからこそ、チームメイトとも仲良く出来ているようですね。

 

実際に18U(18歳以下)世界選手権でも、藤浪ら関西出身の選手が多てチームでは関西弁が飛び交っていても、岩手出身の苦にすることなく会話を楽しんでいたり。

社会人野球の日本生命と年上の選手に交じっての10日間ほどの練習にも、いま先輩たちとテレビを見たりとすぐに打ち解けたりしているようです。

 

大谷翔平選手は肉体的な才能だけでなく、末っ子を使ったコミュニケーション能力も凄いようです。

 

今後もそのクソガキぶりを発揮して、いろんな方々を仲良くなって成長し続けてください!

 

せばな~