2017年3月17日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「オリンピックの金メダルはお金に困ったら売っても良い?」

 

国として栄誉あるオリンピック金メダルですが、売っても良いのでしょうか?

もし、売ったとしたら値段はいくらで、原価はどれくらいなのでしょうか?

そもそも、売る選手がいるのでしょうか?

 

ということで今回は、オリンピック金メダルについて、

オリンピック金メダルを売った人はいるの?

オリンピック金メダルの原価・価値はいくら?

金メダルを売った選手は?なぜ売ったの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

オリンピック金メダルを売る?原価・価値はいくら?売った選手は誰でなぜ?

実際に海外のオリンピック選手が金を含め、メダルを売った選手がいて、売ることができるようです。

 

もちろん、日本でもオリンピックメダルを売る事ができ、「おたからや」という買い取り店がおこなっているようです。

おたからや

売った選手は誰?価値はどれくらい?

自転車競技 エリカ・サルミャーエ

自転車競技にソ連代表として1988年ソウル五輪、1992年バルセロナ五輪にはエストニア選手団として金メダルを獲得したエリカ・サルミャーエ選手。

金メダル 売る いくら
(画像引用元:https://rr.img.naver.jp

現役時代は金メダルを2度も取った選手ですが、腰の手術から回復するために療養していました。

 

その治療費を捻出するために、2つの金メダルをオークションに賭けて売りました。

 

2つの金メダルはそれぞれで、2万5000ポンド(約400万円)で落札されました。

陸上選手 ジェシー・オーエンス

アメリカの元陸上選手、ジェシー・オーエンス選手は1936年のベルリン五輪で獲得した4個の金メダルを獲得しました。

ヒトラーのオリンピックで激怒?怒らせた?五輪英雄・ジェシーオーエンス?

金メダル 売る いくら
(画像引用元:http://entert.jyuusya-yoshiko.com

金メダルはアメリカでスポーツ関連の記念品のオークションが開催され、その中で1.5億円で落札されました。

 

ちなみに、この落札金の一部を寄付に回すとのことです。

 

金メダルを獲得した選手が既に亡くなった場合は、遺族の方がオークション等に出して、スポーツ好きに渡したり、売ったお金を今後のスポーツ貢献できるように寄付をしているようです。

円盤投げ ピョートル・マラホフスキー

円盤投げでオリンピック銀メダルを獲得したピョートル・マラホフスキーさん。

金メダル 売る いくら
(画像引用元:http://nappatogohan.net

彼は同じポーランド人だが、見ず知らずの家族のお願いを聞くためにオークションに賭けて売りました。

「あなたがメダルを取ったら、どうかそれで息子の命を助けて下さい」

見ず知らずの家族は「一生のお願い」として、「息子のためにそれを売って治療費を助けて下さい」としたとのことです。

 

息子は眼窩腫瘍を2歳から患っており手術はアメリカ・ニューヨークでないとできず、手術費や渡航費用が高いため余裕がなかったのです。

「運命を感じた」
「この男児のためになんとかしてやりたい」

それでも見ず知らずで、いきなりお願いと言われても応えないのが普通ですが、ピョートル・マラホフスキーさんは「運命を感じた」として、この息子の為に金メダルを取ろうとがんばったのです。

 

残念ながら銀メダルでしたが、オークションにこの銀メダルを84000ドル(約855万円)から賭けたところ、落札金額は不明ですが落札されたようです。

 

そのため、ピョートル・マラホフスキーさんは見ず知らずの家族を、オリンピック銀メダルを売ることで救うことができたのです。

スポンサーリンク

オリンピック金メダルの原価は?

実はオリンピック金メダルは、銀のメダルに金が貼られているだけで、金メダル規定で6グラムの純金で金張り・金メッキがあればよいとのことです。

金メダル 売る いくら
(画像引用元:http://susdi.org

金の価値は変動しているのでだいたいですが、1グラムあたり平均的で4700円で、金自体の金額は6グラムで約28000円になります。

 

それに銀の価値が1g当りの価格で約69円なので、数千円ほどの金額にしかなりません。

 

そのため、ストラップ等も合わせても、約3~4万円ほどの金額にしかなりません。

 

また銀メダルも約2万円銅メダルは約300円ほどの原価です。

 

だから、基本的にはオリンピック金メダルという価値により、高額でオークション等で売られるようですね。

 

ちなみに、金メダルは金張り・金メッキですので、金メダルを獲得した時にかじる行為をすると、メッキの下が見えるため、組織委員会は噛むことを警告しています。


(画像引用元:https://jp.sputniknews.com

オリンピック金メダルを売れるが原価は安い!価値により高額!

オリンピックメダルは原価は苦労して獲った割には安いですが、「オリンピックのメダル」という価値で数千万円、数億円と価値が高まるようです。

 

そして、選手は色々な家庭の事情や、人のためにとオークションに賭けて売っていたようです。

 

金メダルはお金じゃない!価値や栄誉に意味があるんだと原価や、その選手がうる思いで感じました…

 

せばな~