テレビがあれば、否応なく支払わなければならないとされているNHK受信料。

 

それはまだ分かるのですが、ワンセグ機能付きの携帯・カーナビではどうなるか裁判まで行って決めたようです。

 

確かにワンセグもテレビということで、NHK受信料を払わなければという主張も分かりますし、携帯という認識だから払う必要が無いというのも理解できます。

 

ということで、今回は

ワンセグは受信料を払わなければいけないのか?

裁判の内容・判決は?どういった見解となった?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

NHK受信料で裁判?携帯、カーナビ等のワンセグ機能は料金を払う義務がある?

事の発端は、NHKから国民を守る党である埼玉県朝霞市の大橋昌信市議が「テレビを設置せずにワンセグ機能付きの携帯電話を持っているだけで払う義務があるのか?」という事で裁判を行ったことです。

 

NHKの公式サイトでは「ワンセグ受信機も受信契約の対象です。」と明記しており、払う義務があると主張しています。

 

しかし、裁判ではそこではなく「受信設備を設置した者」に受信契約の義務があると書かれている「放送法64条1項」の解釈が問題となりました。

 

大橋昌信市議は携帯電話のワンセグは「設置」ではなく「携帯」ということで払う義務はないと申し。

 

一方でNHKは「設置」とは「受信設備を使用できる状態に置くこと」として主張しました。

ワンセグ携帯でNHK受信料払う問題の判決は?

今回の裁判の判決は「NHK受信料をワンセグでは払う義務がない」と判決が決まりました。

 

理由は、放送法2条14号で「設置」と「携帯」が分けられている事が明記されており、「ワンセグも『設置』とする主張に無理がある」とのことです。

 

これに関して大橋昌信市議は、

「多くの国民が疑問に思っていたことなので、主張が認められて喜ばしい。
NHKには間違って契約させられていた方に真摯に対応していただきたい」

 

対するNHKは

「判決は放送法64条の受信設備の設置についての解釈を誤ったものと理解しており、直ちに控訴します」

NHKは納得しておらず、まだまだ戦いの姿勢は崩さず、今後もテレビを持たないワンセグ携帯を持っている方に受信料を徴収するようです。

スポンサーリンク

NHK受信料はどこまで払えばいいの?まだまだ続くワンセグ携帯・カーナビ裁判!

今回の判決では、テレビを持っておらずワンセグ携帯所持者には払う義務がないと判決を下しました。

 

しかし、NHKは今後も受信料を徴収して、裁判も控訴する強気姿勢!

みなさんも今のところは払う義務がないので、テレビがなくてワンセグ携帯所持者は徴収された時はお気をつけてください。

 

今後もこのワンセグ携帯問題はどうなっていくのか注目ですね。

 

せばな~