2016年6月7放送の「今夜くらべてみました」では大久保佳代子さんがOLだった時の会社の同僚と同窓会を行うそうです。

今は芸能界で大活躍の大久保佳代子さんですが、一時期はOLと二足のわらじで活動をしていました。

 

そんなOLをしていた大久保佳代子さんですが、

なぜOLになったの?

OLではどんな仕事をしていたの?

OLを辞めたきっかけは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大久保佳代子のOL時代について!辞めた理由は?なぜ二足のわらじを?

大久保佳代子 OL

大久保佳代子さんは小学校から高校まで同じ学校であった幼なじみの光浦靖子さんと、早稲田大学のお笑いサークル・早稲田寄席演芸研究会にて「オアシズ」を結成します。

 

1992年に「オアシズ」結成と同じ年にメジャーデビューを果たし、同年10月放送開始の「新しい波」に出演することになりました。

 

しかし、ここから大久保佳代子さんは光浦靖子さんと活躍の差が出てしまいます…

大久保佳代子は笑えないブス?二足のわらじでOL活動!

「新しい波」に出演したメンバーが後の「めちゃイケ」へと繋がる「とぶくすり」のレギュラー出演に抜擢されます。

 

しかし、大久保佳代子さんは出演したにも関わらず、

「光浦は笑えるブスだが、大久保は笑えないブス」

という理由により、オアシズでは光浦靖子さんのみがレギュラーとなります。

 

光浦靖子さんは「とぶくすり」後継番組「めちゃ×2モテたいッ!」「殿様のフェロモン」「めちゃイケへ」と出演をし、活躍を果たします。

 

その反面、大久保佳代子さんは出演がなかったのか、舞台を中心に芸能活動とOLへと転身して二足のわらじで生活を始めました。

大久保佳代子はOL活動を15年!コールセンターで指導を行うほどの有能!

大久保佳代子さんはコールセンターの従業員として1996年からOL活動をしていました。

 

勤務先は川崎の溝の口にある会社と言われています。

 

コールセンターの大久保佳代子さんは、特に難しいとされるクレーム対応も、

「私ね、謝ることが何とも思わないの」

と謝ることを、屁とも思っていませんでした。

 

そんな”強靭な精神”を持っており、現在芸能界で活躍しているように”弁が立つ”事で、仕事では自他共認める有能だったようです。

 

コールセンターでは、スーパーアドバイザーとして新人教育や指導をしていたほどですから、有能だったのは事実でしょう。

スポンサーリンク

大久保佳代子、OLを辞めた理由は?孤立して、活躍もし始めた!

OLと二足のわらじで順調でしたが、2000年に「めちゃ2イケてるッ!」にて新レギュラーとして「光浦の相方で現在OL」で出演を開始します。

 

その後は、「くりぃむナントカ」等と個人でもバラエティ番組で活躍し始めます。

 

他にも演劇活動で劇団明日図鑑のメンバーとして活動もして芸能活動が忙しくなりますが、OLの仕事は週に2回ですが二足のわらじを履き続けました。

 

しかし、OLでは冷たい態度を取られて、芸人ではスタッフが親切にしてくれるギャップや、芸人として知名度が上がったせいでOLでは孤立して、悩んでいました。

 

悩んだ末、2010年8月に職場の上司に”休職の相談”を持ちかけた所、なぜか”退職の方向”になって15年務めたコールセンターを辞めることになりました。

 

大久保佳代子さんは自身が有能で貴重な人材と思っていて、あくまで休職して辞めるつもりはありませんでした。

 

上司にとっては、孤立しているし「目の上のたんこぶ」でだったのかもしれません

確かに実力があっても、扱いづらいのであれば力を発揮できませんからね。

 

まぁ大久保佳代子さんにとっては、その後は大活躍をするので結果オーライではないでしょうか。

大久保佳代子OL辞めた理由は上司が勝手に進めた!しかし、経験が活かされる!

OLと芸能活動をしていた際の態度のギャップの苛立ちは、現在の毒舌に活かされているのかもしれませんね。

そして、「めちゃイケへ」の出演のきっかけも「光浦の相方で現在OL」ですので、OLをした事は間違ってはいません。

 

しかも、OL時代の辛い経験を活かして「リクナビのアドバイザー」にもなっているという…

 

大久保佳代子さんは抜け目がないですね…

 

これからも過去の経験を活かして、様々な活動をして活躍を果たしてください!

 

せばな~