2016年6月末に所属事務所との契約が切れる能年玲奈さん。

この契約が更新されないとなると、彼女は事実上芸能界を引退しなければならない状況に追いやられています。

能年玲奈さんは洗脳されでしまい、最近は事務所のタブーを犯したり、能年玲奈さん側からNGが多くなり、芸能界に干されている状態でした。

 

そんな芸能界の掟を破り、干されている能年玲奈さんですが、

本当に能年玲奈さんは洗脳されたの?どんな経緯?

どんなタブー・掟を破ったの?

どんなNGがあるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

能年玲奈、掟を破り・タブーを犯して干される!引退間近?NGが多すぎ!

能年玲奈 掟破り

能年玲奈さんさんといえばNHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクを果たした女優です。

 

しかし実は「あまちゃん」の撮影中から洗脳の片鱗を見せていました。

能年玲奈は本当に洗脳された?女性振り付け師の影響受けすぎ!

能年玲奈さんが洗脳したと噂されている方は、演技指導の女性振り付け師との事。

出会いは10年以上前で、事務所が開いていたワークショップに演技指導を受けに通っていました。

 

女性振り付け師の指導方法は相手の弱点を徹底的に攻撃しするけど、そんな弱点を自分は認める、という方法でした。

 

この方法はアメとムチを使うことで相手を支配する、DV男に離れられない女性の心理に似ています。

 

相手の「弱点・コンプレックスを攻める」事で鞭を繰り出し、「自分だけは弱点を認める」事で自分だけになびかないようなアメを与える、

「私にはこの人しかいない…」

と相手を支配することが出来ます。

 

まさにDV男が時折見せる優しさで、離れられないのと同じですね。

 

女性振り付け師に支配されて、今まで不満を言ってなかったのに、不平・不満を言うようになったり、

マネージャーにも罵声を浴びせて、何回もマネージャーが交代することになりました。

 

「あまちゃん」のロケでも女性振付師が来たり、能年玲奈さんが不満の電話を女性振付師にかけたりとかなり支配されているようです。

能年玲奈NGが多すぎ!そのせいで出演場所がない?

女性振付師の影響により、いままでOKだったことが、NGとなりました。

 

NGになったのは、

●キスシーン

●戦争系

●お色気シーン

●罪を犯した等の訳ありの役柄

●バラエティーのひな壇

とかなりの数のNGが有りました。

 

以前までは2012年映画「ひまわり」で戦争物にも出ており、キスシーンNGも女性振付師の助言からNGになったようで、やはり洗脳の影響があったと言ってもしょうがないです。

 

そのため、出演所が少なくなってしまいます。

「あまちゃん」の時は、

「体当たりで演技します」

と言っていましたが、現在はその面影もなくなりました…

スポンサーリンク

能年玲奈、タブーを犯す!主演が決まりかけていたのもパー!

その後も洗脳の影響か、事務所が「あまちゃん」の仕事がしやすいように、NHKの近くにわざわざ借りていたマンションも無断で出て、近くのマンションで女性振付師と住みはじめました。

 

挙句の果てには、「辞めたいと」言ってもいて、事務所が能年玲奈さんと話し合いをしようにも応じてくれず、平行線のままでした。

 

そんな事務所と能年玲奈さんと話し合いが、代理人を通して改善しようとした所で、能年玲奈さんが独立をしようとします。

 

能年玲奈さんは個人事務所を勝手に設立するというタブーを犯します。

 

そのせいで、関係修復のために事務所がお膳立てた、映画「ちはやふる」ドラマ「重版出来!」の主演が流れてしまいました。

 

個人事務所は、あくまで能年玲奈さんが描いた絵、グッズを販売する会社で事務所の契約に反していないと反論はしました。

 

しかし、会社の目的欄には

「タレント、俳優、歌手、演奏、作曲家、作詞家、編曲家の養成およびそのマネージメントに関する業務」

と記載されており、明らかに掟を破ってしまいました。

 

極めつけは、個人事務所の取締役は女性振付師となっており、完全に先導されていました。

能年玲奈、洗脳でNG・掟を破りで引退!タブーを犯し、事務所も我慢限界!

現在は2015年にはレギュラーラジオも終了して、ブログばかり更新してニート状態になってしまっています。

 

NGも多くて出演するところも限られながら、オファーをもぎ取った主演すらも掟破りで棒に振るった能年玲奈さん。

しかし、それでも事務所は対話を試みますが能年玲奈さんは応じず!

 

さすがに事務所も我慢の限界で、法的手段を取ることも考えています。

 

一時は「あまちゃん」で仲良しになった小泉今日子が人脈をつかって助けようという話がでましたか、

さすがに掟を破り・洗脳・トラブルメーカーとイメージが悪い女優を抱えることは難しいようです。

 

そして2016年6月には事務所の更新がなければ芸能界にいられなくなり、事実上の引退になりそうです。

個人事務所でやるにしても人脈もなく、オファーを貰えることはないでしょう。

 

わずかの可能性ですが、まずは女性振付師となんとか切り離して影響を受けない環境を整え、

そして”体当たりで演技します”と言っていた彼女に戻ってきてもらいたいです。

 

せばな~