北海道日本ハムファイターズが本拠地移転にて北広島に新球場を作る案で検討を進めていことが分かりました。

 

日本ハムファイターズといえば、大谷翔平選手や中田翔選手と素晴らしいスター選手もいて日夜盛況で収益も盤石かと思いました。

 

しかも、なぜ北広島と今のファンからすると遠いところで、北海道の日本ハムファイターズファンを悲しませると思いますが、どうしてこういった案を進めているのでしょうか?

 

ということで今回は、

なぜ北広島に移転をしようとしているの?

現在の本拠地としている札幌ドームに問題があるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ日本ハムが北広島に本拠地移転?札幌ドームの球場使用料が高すぎる?

日本ハム 新球場

先程言った通り、日本ハムファイターズは北広島のきたひろしま総合運動公園に本拠地移転する案を進めており、2023年までに整備する方針を固めています。

 

そのため北広島市は、運動公園近くにる「請願駅」を設けて交通の便も良くするようです。

 

そんな中、現在の本拠地としている札幌市では「札幌ドームに残る案」「真駒内案」「北大案」等のいずれも条件面で球団側と折り合いがついておらず、札幌市にとっては新たな候補地を見つけるかが勝負となっているようです。

なぜ北広島市に?札幌ドームが球場では無理?

他球団に比べて球場使用料が高すぎる?

現在日本ハムファイターズは札幌ドームを借りている状態であり、一試合ごとに球場使用料を支払っている形をとっています。

 

そして札幌ドームは使用量の値上がりもあり、年間球場使用料は9億。

更に広告看板代で2億5000万円、警備費、清掃代等も日本ハム持ちで年間15億。

 

合計で年間約26億5000万円ほどドーム側に支払っていることになります。

 

ちなみに日本ハムファイターズの年俸額は27億超で、ほぼ変わらない値段となっています。

他にも使われるから面倒くさい!一本化経営をしたい!

札幌ドームは借り物のため、コンサートやイベントになると毎回日本ハムが金を払ったフィールドシートを撤去、設置して、ドーム内のトレーニングも片付けなければいけない非常に面倒なこととなっていました。

 

しかもドーム内の飲食店の運営や売上げは、すべて札幌ドーム側。

 

そんな中で他球団の横浜DeNAベイスターズは「横浜スタジアム」を買収し、経営を一本化。

ベイスターズファンを楽しませるサービスが充実して、楽しみが増えて生まれ変わっています。

 

日本ハムファイターズもスポーツビジネスのノウハウをもっており、アイディア・ビジョンもあるとのこと。

 

しかし、借り物のドームのため、せっかくあるノウハウも活かせず、だからこそファンを喜ばせて売上をのばすためにと球場を新設する流れになったようです。

札幌市や札幌ドーム運営が阻止?

市民の落胆を防ぐために札幌市長が模索?

札幌市では日本ハムの札幌ドームへの残留を一貫して要請しており、なんとか引き留めようと必死にになっています。

 

2016年12月3日の本拠地移転問題を巡る日本ハムなどとの4者協議の初会合では、あくまで日本ハムに残留を呼びかけるつもりでした。

 

そこで札幌市では「札幌ドームへの慰留」だけでなく、「代替地の提案」という二段構えで臨む方針に変えたようです。

 

それはこのまま本拠地の市外へ出てしまえば、市民の落胆を招いて札幌市長に不満が寄せられてしまうので、背に腹は代えられないと、「代替地の提案」も入れた二段構えで臨んだようです。

札幌ドーム運営「黒字なのに残念」

プロ野球日本ハムの新球場検討について、札幌ドーム側の手島久仁彦スポーツ部長は、

「全国的にも珍しいドーム運営の黒字を実現し、好循環が生まれているだけに、残念だ」

「野球に特化した施設ではなく、経営戦略としては仕方がない」

と札幌ドームは黒字で良い循環ができているので残念としているが、プロ野球日本ハムの新球場検討については経済戦略として諦めている部分もあるようです。

 

上記で言ったように、あくまで札幌ドーム側としては利益が出て良い循環は出来ていますが、プロ野球日本ハムとしてはやはりうまく経営が出来なくて嫌なのでしょう。

 

だから札幌ドーム側も「経営戦略としては仕方がない」と認めて、諦めた部分もあるのでしょう。

日本ハムが新球場に移転は確定?4者協議で札幌ドームは「多目的球場」を目指すことで一致

プロ野球日本ハムが札幌ドームから本拠地移転を検討していることを巡って、12月3日に今後の協議会を開きました。

 

札幌ドームと所有者の札幌市、利用者の日ハム、サッカーJリーグの北海道コンサドーレ札幌の4者と話し合いをしましたが、

「これまで通り、スポーツやコンサートなど多目的な球場を目指すことで一致した」

と札幌市長は説明しており、移転に関する言及はなく約1時間で会議は終了しました。

 

結局のところ今まで通りということで、このままいけば日本ハムが新球場に移転をする可能性出てきました。

 

そしてこの報道では、「日本ハムはこれまで札幌ドームに対して劣化していた人工芝の張り替えや来場者へのサービス向上を求めていた」と綴っており、日本ハム側の不満を感じずにはいられないですね。

 

今後も4者はドーム利用の在り方について協議を続けるとの事ですが、日本ハム側としてはこのまま「多目的な球場を目指す」ならファンを楽しませる事や利益といったメリットがなさすぎるので、新球場に移転をする可能性は高いでしょう。

日本ハム新球場に移転が確定

2016年12月19日に日本ハム球団が考えていた新球場建設構想を、親会社の日本ハムが正式に了承したことが分かりました。

 

そのため日本ハム球団が新球場を建設し、移転することがほぼ決まりました。

 

早くて2023年頃の新球場完成と移転を目指しており、札幌市内か北広島市内という建設候補地は変わっていないようです。

 

そして日本ハム球団では同日に、新球場構想について協働する協議機関の設置すると発表して、2018年頃には「一定の方向性を出す」と語りました。

スポンサーリンク

日本ハム新球場移転先に北海道大学構内も候補に?

プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想を巡り、今度は札幌市が北区の北大構内を候補地の一つとして北海道大学側と協議しているようです。

日本ハム 移転

北海道大学だと北端や西側の10ヘクタール程度が検討されており、JR札幌駅に近くて、北海道ドームよりアクセスがよくなります。

 

そのため平日のナイターでは、仕事帰りの会社員らを取り込みやすい利点があるようです。

 

しかし日本ハムはボールパーク構想の用地に約20ヘクタール求めているので、北大周辺での民間開発と連動させる案が必要とされています。

 

そうなると自然豊かな構内を開発されるので、学校内の生徒や周辺住民の説明と理解が必要となるようです。

“最有力地”八紘学園が拒否!

北広島と北大の他に、札幌市では札幌市豊平区の八紘学園を新球場候補地への協力を求めてきました。

 

しかし八紘学園の学園長は旧月寒ドームや現在札幌市が借りている雪捨て場は、農業振興や市民の利便性のために提供したものでした。

 

そのため「球場では公共性を保てない」として八紘学園の学園長は札幌市の要請を断りました。

 

これを受け2017年3月7日に札幌市は「懸念を払しょくしたい」と学園側に協力を求める考えを明らかしています。

 

ただ、八紘学園の理事長は当初から土地提供には否定的で難しようで、日ハム新球場候補地は北広島と北大の2つになったようです。

日本ハム、本拠地を北広島市に移転は確定?問題もなし?ファンは置いてけぼり?

調べてみましたが、利益を出すために経営面から考えてこのまま札幌ドームを使う案はまずないでしょう。

 

本当に札幌ファンを悲しませないようにするなら、札幌市がしぶらず新球場を作り、球団側で一本化経営をさせなければ道がありませんね。

 

札幌市の打診案がこのまま平行線をたどるなら現実味を帯び始めた北広島の移転もありえるでしょう。

 

せばな~