2016年7月19日放送のNHK「きょうの健康」では食中毒の予防について紹介します。

 

夏になると細菌が増殖して、食中毒が発生する時期ですが、その予防のために「食中毒予防の3原則」というものがあり、対策をお話するようです。

 

皆さんは「食中毒予防の3原則」というのがあるのはご存知でしょうか?

 

今回は夏にはやっておきたい!「食中毒予防の3原則」について気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

夏の食中毒対策!対処方は?「食中毒予防の3原則」とは?

夏 食中毒

細菌・ウイルスが増殖した食べ物を食べることで起きる食中毒。

 

特に食中毒は6~8月に多く発生しており、O157、O111やカンピロバクター、サルモネラ属菌といった細菌で食中毒を起こします。

 

O157、O111は7~8°から増殖をし始めて、35~40℃で最も増殖が活発となるため、夏場が危ないです。

 

また湿気を好む細菌が多く、季節の変わり目である梅雨の時期も食中毒となる細菌が増えます。

食中毒予防の3原則!「つけない」「増やさない」「やっつける」!

夏場の食中毒を予防するために、「食中毒予防の3原則」である「つけない」「増やさない」「やっつける」を覚えておけば大丈夫!

食中毒予防の3原則「つけない」!

手や調理器具には雑菌・細菌が付着している可能性があります。

付着した細菌が食べ物につけて食べないようにしっかり洗いましょう。

 

・調理を始める前にかならず手を洗う。

・肉や野菜を切る時に使うまな板をちゃんと洗い、できれば肉と野菜によって包丁やまな板を分けると良いです。

・調理中にトイレ行ったり、他の作業をした場合はこまめに手を洗ってください。

食中毒予防の3原則「増やさない」!

夏場に起きる食中毒の細菌は高温で多湿が原因でおきます。

そのため細菌が増殖しないように低温で保存してください。

 

・肉・野菜は購入したらすぐに冷蔵庫に保存

・細菌は高温になると活発になるだけで、低温でも増殖はゆっくりおきるので早めに食材を使ってください。

・カレー等も保存する場合は常温だとすぐに細菌が増えるので冷蔵庫に入れる。

スポンサーリンク

食中毒予防の3原則「やっつける」!

肉や野菜は十分な加熱をすることで、ほとんどの細菌は消えます。

中心部が75℃で一分以上加熱するのが目安となります。

 

加熱すると細菌は消えますが、カレーやシチュー等のスープは完全に温まって細菌が消える前に食べて食中毒を起こすケースが多いため、注意してください。

 

調理器具等も細菌が増えないように熱湯をかけたりして、細菌をやっつけてください。

夏の食中毒対策!食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」!

夏もいよいよはじまり、暑くなってきましたがおもいっきり夏を満喫するために健康にも気をつけてください。

 

上記の予防をしておけば、食中毒になる可能性も抑えられるでしょう。

 

皆さんも食中毒の予防をして、夏のおいし食べ物を料理して沢山食べましょう!

 

せばな~