お笑い芸人で俳優のなすびさんが、ついに福島復興を願ってエベレスト登頂挑戦が成功しました。

エベレストに挑戦したのは4度目で成功しました。

 

隊員の一人はリタイアしたとのことですが、なすびさん自身は登頂に登頂に成功して、ツイッターでも報告しています。

 

そんな、なすびさんですが、

なぜ福島復興を願ってエベレストの登頂に挑戦したの?資金を募ったほうがいいのでは?

3度も失敗して理由は?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

なすびエベレスト登頂に成功!登山をした理由は?

なすび エベレスト登頂

なすびさんは故郷・福島復興を願ってエベレスト登山を計画します。

 

2013年5月20日にに初挑戦では8700メートルほど行きましたが、体力の限界と天候の悪化により下山を決意しました。

 

2014年に2回目の挑戦をしますが、アイスフォール付近でエベレスト登山史上最悪の雪崩事故発生したために登頂を断念しました。

 

この時なすびさんは2回目の失敗もあり、

「どうして帰ったら良いか…」

と悩みながら帰りました。

 

しかし福島の皆さんは、

「なすびありがとう。福島を盛り上げてくれて」
「なすびの頑張りに、励まされているよ」

と心よく迎えられて、なすびさんは励まされました。

 

そんな励ましをもらい、奮起して2015年に3度目の挑戦をしますが、大地震とベースキャンプの氷河崩落事故が起きて、また不幸な事故で成功できませんでした。

 

そして2016年4月5日に4度目の挑戦で日本を出発し、5月19日に見事エベレスト登頂に成功しました。

いままで何度も不幸に見舞われたなすびさんですが、やっと努力が報われて地元・福島も嬉しかったとおもいます。

スポンサーリンク

義援金を募らず、なぜ資金を募るまでエベレスト登頂を挑戦した理由は?

福島出身としてお笑い芸人・俳優という表現者として義援金よりも価値のある応援を、

またエベレストに登ることで世界中に福島に目を向けてもらい、直接ではないが間接的に福島に盛り上げれば良いと思い、なすびさんは挑戦をしました。

 

実はエベレストの入山料だけで300万円ほどかかり、エベレスト登頂の挑戦するのには1000万円ほどはかかるそうです。

 

「それならエベレスト挑戦の費用を義援金として渡した方が良いでは?」

 

その質問になすびさんは、

「福島県180~190万人に配っても数円程度しか渡せないのであれば、
数円配るよりもっと価値のある勇気・元気・夢・希望をお渡ししたい」

 

なすびさんは一部の人間だけでなく、表現者としてあくまで福島県民全体を盛り上げたいとお答えしていました。

 

目先のお金より、福島の将来を思ってエベレスト登頂をチャレンジしたんですね。

なすびエベレストの登山挑戦の理由は将来の福島の為!登頂成功で福島の励みに!

4度目で遂にエベレスト登頂を成功して福島県民に元気を与えることが出来たなすびさん。

 

このなすびさんのエベレスト登頂の挑戦は福島県民の励みにもなり、なすびさん自身も励みになったりと本当に意味のある挑戦だったと思います。

まさに数円配る義援金より数十倍の価値を与えてくれました。

 

下山はしていないのでまだ油断は禁物ですが、無事に帰ってくることを祈っています。

そして見事帰還して、福島県民達に元気な姿を見せて、勇気・元気・夢・希望を与えてください!

 

せばな~