国の天然記念物に指定されている奈良公園の鹿ですが、鹿せんべい以外の餌付けを条例で禁止する方針となったようです。

 

観光の名物となっている鹿の餌付けですが、なぜ条例が出来るまで厳しく取り締まるのでしょうか?

またその条例で違反した場合はどうなるのでしょうか?

 

ということで今回は、鹿せんべい以外の餌付け禁止条例と、なぜ鹿せんべい以外の餌付けは禁止なのか調査していきたいと思います。


スポンサーリンク

奈良公園で鹿せんべい以外餌付け禁止条例?餌をあげてはいけない理由?

国の天然記念物に指定されている奈良公園で鹿の餌付けは観光にとって名物ですが、鹿せんべい以外の餌付けをしている事が深刻化していました。

奈良 鹿 餌付け
(画像引用元:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

そのため、鹿せんべい以外の餌付けを条例で禁止する方針を固め、公園のルールを定めた県立都市公園条例を改正しました。

 

鹿せんべいを以外を餌付けした違反者は5万円以下の過料(行政罰)を科すことを検討しており、2018年度からの施行を目指すとのことです。

 

そんな奈良公演の鹿は約1200頭のシカが生息し、芝や木の実、イネ科の植物などを主食としています。

 

そして餌付けに使われる鹿せんべいは米ぬかや小麦粉を焼いて作られるため無害で、愛護会の登録商標して売店などで10枚入り(150円)で販売しています。

なぜ鹿せんべい以外の餌付けは禁止なの?

鹿の餌付けでは、無知な観光客が良かれと思って、お菓子や弁当のお寿司を食べさせてしまうようです。

 

そして香辛料のきいたスナック菓子などを食べると、虫歯や中毒など病気になって死ぬことがあるので危険です。

鹿 餌付け 禁止
(画像引用元:http://naturallife6006.up.seesaa.net

更に菓子や弁当の臭いのついたビニール袋も口に入れると食べ物と勘違いして食べてしまう危険があります。

 

ビニール袋等を食べてしまうと、ビニールが消化できずに胃にたまり、餌が食べれなくなって栄養失調で死んでしまうのです。

 

実際に死んだシカの胃袋を見ると、ビニールが見つかるとのことです。

 

このような鹿せんべい以外でお菓子やその包み紙まで良かれと思って食べさせる行為により、最近は奈良公園の鹿の死亡数が多くなっています。

 

そのため鹿をこれ以上死なせないように、鹿せんべい以外の餌付け禁止の条例をだしたのです。

スポンサーリンク

奈良公園で鹿せんべい以外餌付け禁止条例は鹿を守るため!

良かれと思って鹿せんべい以外の餌付けをしている客がいますが、実は鹿を病気にしたりと命の危険性が有るのです。

 

そのため、本当に鹿のためを思うなら、そこらへんの食べ物とではなく、しっかり無害である鹿せんべいを買って餌付けして下さい。

 

そしてゴミも鹿が食べないようにポイ捨てせずに、ちゃんと自分のゴミはしっかり持ち帰るかゴミ箱に捨てて下さい。

 

せばな~