日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」でチャンカワイさんが八景島水族館が最もほしい魚「ナポレオンフィッシュ」の捕獲に挑戦します。

「ナポレオンフィッシュ」はユニークな見た目らしく、世界中のダイバーの憧れとも言われています。

 

そんな憧れの的の「ナポレオンフィッシュ」ですが、

ナポレオンフィッシュってどんな魚なの?

そんな簡単に捕獲できるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ナポレオンフィッシュとは?ベラ科最大の大きさで捕獲も苦労?!

ナポレオンフィッシュとは

正式名称の和名はメガネモチノウオですが、別名ナポレオンフィッシュといわれており別名のほうが知っている方が多いです。

メガネタチウオは、メガネをかけているような模様があり、そう呼ばれました。

ナポレオンフィッシュの由来は、頭部がまるでナポレオンのかぶっている帽子に似ていることからです。

 

ナポレオンフィッシュはベラ科で最大の体長を誇り、中には体長2m、体重200キロにもなるナポレオンフィッシュもいます。

 

繁殖期には群れるが基本的には単独で行動します。

昼に活動をして小魚や貝類を吸い込み様に捕食します。

夜はサンゴや岩陰にひっそり隠れて休みます。

スポンサーリンク

ナポレオンフィッシュは大人気!乱獲されて絶滅危惧種に!

ナポレオンフィッシュはその巨体の迫力とその独特な風貌から、国内外の水族館でよく飼育されています。

今回、八景島水族館が欲しかったのも人気があることでチャン カワイさんに依頼をしたのでしょう。

 

餌付けをされた際に、愛想がよくて人懐こくダイバーにも人気があります。

 

そんな人気のあるナポレオンフィッシュですが、2004年に絶滅危惧種として指定されます。

 

ナポレオンフィッシュは香港では「蘇眉」(ソウメイ)」と呼ばれて食用として高級魚です。

白身で柔らかく、蒸すと魚にとろみを感じるほど柔らかく、ベラやブダイの仲間の中では一番美味しいと言われています。

そんなナポレオンフィッシュは、中国でも珍重されていいて高値で取引されるため、密漁、乱獲が多発しました。

 

しかも、ナポレオンフィッシュは5年程度育たないと繁殖能力が備わらず、繁殖する前に捕獲されて減少し続けています。

また、サンゴ礁の破壊の影響でもナポレオンフィッシュの減少の原因となっており、絶滅の危機に貧しています。

絶滅危惧種ナポレオンフィッシュは捕獲できるの?

絶滅危惧種に指定されているナポレオンフィッシュですが、厳しい制限は有りますが捕獲はできます

 

今回「世界の果てまでイッテQ!」でチャンカワイさんは、よほどのことがない限りナポレオンフィッシュを捕獲できると思います。

乱獲できるほど捕獲できる魚ですし、人懐っこい性格で見つけることができれば捕獲は間違いないと思います。

そして、捕まえて絶滅危惧種でもあるので、八景島水族館で大切に育てて貰いたいです。

 

絶滅危惧種にですが、その美味しさを味わってみたいですね!

チャンカワイさん!無事に「ナポレオンフィッシュ」を捕獲してください!

 

せばな~