2017年3月1日に日本一のロックシンガーと言われたロックシンガーであるムッシュかまやつさんが天国へ旅立ちました。

 

まだ78歳ということでしたが、昨年肝臓がんを患っていたことを公表していたこともあり、それが原因で死去してしまったようです。

 

そんなムッシュかまやつさんが患っていた肝臓がんはステージといった余命は宣告されていたのでしょうか?

また肝臓がんを引き起こした原因はなんだったのでしょうか?

 

ということで今回は、ムッシュかまやつさんが患った肝臓がんについて、

肝臓がんを患った理由は?

肝臓がんでステージはいくつで余命は宣告されていた?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ムッシュかまやつは肝臓がんで死去!ステージと余命は?癌を患った原因は?

ムッシュかまやつ 肝臓がん
(画像引用元:https://twitter.com

ムッシュかまやつさん2016年5月に受けた検査により、肝臓がんがあることが発覚しました。

 

そして手術を行わずに、通院して抗がん剤による治療を受けて闘病をしていました。

 

しかし、2016年8月に脱水の症状で緊急入院し、2016年9月に予定していたコンサートを急きょ中止したりと状況は芳しくなかったようです。

 

それから2016年10月末に退院して、療養を続けていましたが、2017年3月1日午後6時すぎ、すいガンのため、都内の病院で亡くなったとのことです。

ムッシュかまやつが肝臓がんを患った原因は?

ムッシュかまやつさんは愛煙家として知られ、多くの銘柄を吸った経験を持ち、タバコはどうしても辞められなかったようです。

ムッシュかまやつ 肝臓がん 原因
(画像引用元:http://www.tapthepop.net

そんなタバコは、煙に数多くの発がん性物質が含まれており、肺がんだけでなく肝臓がんになるリスクもあります。

 

またムッシュかまやつさんは甘いもの、酒好きでもあり、それも肝臓がんを患うリスクとなるのです。

 

ムッシュかまやつさんのように甘いものが好きで取りすぎたり、特にアイスクリーム等の乳製品はガンを増殖させてしまうのです。

 

更に飲酒は肝臓に負担をかけて悪く、大量飲酒習慣が肝硬変の原因なることが多いです。

 

そして肝硬変から肝臓がんへと進行することもあり、飲酒は肝臓がんの原因と言われています。

 

それだけでなく、ムッシュかまやつさんは塩分が多い、コンビーフという牛肉の塩漬けが好物です。

 

これも漬物などの塩分が多い食事をすると肝臓がんを発症する恐れがあり、実際に秋田県は漬物を食べすぎたため死亡率がワーストに入っているのです。

スポンサーリンク

ムッシュかまやつの余命やステージは?

ムッシュかまやつさんは2016年8月に脱水症状で倒れた時は、復活すると力強いコメントを残していました。

 

しかし、その後は退院して療養を続けていたが、肝臓がん発見から約9ヶ月で死去と短期間でした。

 

そのため、ステージ4の5年生存率5%で余命も宣告されていたのかもしれません…

ムッシュかまやつ 肝臓がん 余命
(画像引用元:http://kenkounote.com

ちなみにステージ1は60%、ステージ2は40%、ステージ3は20%の生存率となっています。

原因は飲酒や喫煙?ムッシュかまやつは肝臓がんでステージ4で余命僅かだった?

日本一のロックシンガーといわれ、またしても惜しい人を亡くしました。

 

倒れた時は復活すると心強いコメントを残していましたが、歳のせいもあり、復活することが出来ませんでした。

 

しかしムッシュかまやつさんの歌声や声は永遠に不滅で、これからも世に聞かれることでしょう。

 

今後は天国にて暖かく日本のロックを見守ってください。

心よりご冥福をお祈りします。