2017年年11月9日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「騒音がでないよう『無音で』踊る盆踊りがある?」

 

確かに最近は祭りの踊りの音がうるさいくて、騒音扱いで苦情がありますが、無音の盆踊りで楽しいのでしょうか?

 

ということで今回は、無音の盆踊りがあるのかと、音無しの盆踊りで楽しいのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

無音で踊る盆踊りがある?祭りの場所や日時は?音無しで楽しめるの?

実際に騒音が出ないように、無音で踊る盆踊りはあります。

 

この「無音盆踊り」は愛知県東海市大田町の夏祭り「ザ・おおた・ジャンプフェスティバル」で披露される盆踊りの一部です。

 

2009年から踊る参加者がイヤホンの付いた携帯ラジオを持参し、FM電波で曲を聴きながら踊っています。

 

しかし、動画を見ればわかりますが、見ている側としては無音で「不気味」「東海名物ゾンビ踊り」等と悪口のような発言も多いとのことです。

無音の盆踊りは楽しいの?

無音の盆踊りは確かに見ている側としては不気味で風情がないとの声もありますが、踊りに没頭できると踊る側としては高評価を貰っています。

 

また、聞いているFM電波で変えることができ、音楽は内側の輪と外側の輪で踊る人たちの年齢層に応じた異なる音楽を聴いて踊ることもできるのです。

 

それだけでなく、盆踊りの音楽の電波は半径100メートルほどの範囲まで届くので、周波数を合わせれば会場から離れても盆踊りが可能なのです。

 

このように、踊りに没頭できる自分に合った異なる音楽で踊れる祭り場所以外でも踊れる、と無音盆踊りは楽しめる要素はいっぱいなのです!

無音盆踊りを始めた理由は?

無音盆踊りは騒音対策というのもありましたが、一番の目的は多くの人が参加できる新しい盆踊りの形を模索した結果に作られたもので集客が目的でした。

盆踊り 無音
(画像引用元:http://okdkurashi.cocolog-nifty.com

近年は伝統のある阿波踊りの練習さえも、数年前までは苦情を言わなかったが、公園等で行われる練習の音に苦情が県庁などに寄せられるようになったのです。

 

そんな住民の達の意識の違いを考慮し、どうやって多くの人が参加できるかと考えたのが、FM電波を拾い音楽をイヤホンで聞いて踊る無音盆踊りだったのです。

 

確かにこれなら、騒音にもならず、祭り場所以外でも多くの人達が参加できて話題性も合ったりと、一石二鳥どころか三鳥にもなるアイディアですね。

 

そして、実際に最初は踊る人は40~50人程度でしたが、2015年には約400人と10倍も踊る人を増やしたのです。

スポンサーリンク

無音盆踊りの場所や日時は?

無音盆踊りは愛知県東海市大田町の夏祭り「ザ・おおた・ジャンプフェスティバル」で披露される盆踊りの一部です。

 

日付は2016、2017年も8月12、13日に行われているので、祭りは8月12、13日に辺りに行われるかと思います。

盆踊り 無音
(画像引用元:http://tm-tokai.com

 

【場所】

無音の盆踊り?音無しの理由は集客で楽しめる!

無音盆踊りは見た感じは、「風情がない」「不気味」と言われていますが、異なる音楽で踊れたり、沢山の人が踊れたりと楽しめる要素はいっぱいです。

 

そして、昔は言われなかったが、現在は騒音と苦情を言われる世の中としては、この無音盆踊りも良いかと思います。

 

みなさんも、興味があればイヤホンの付いた携帯ラジオを持参し、無音盆踊りを体験してみてはいかがでしょうか?

 

せばな~