2017年1月15日放送のTBS「林先生が驚く 初耳学!」ではスーパーで売られている刺し身について問題が出題されます。

問題は

「盛り合わせよりも一点盛りを買うべき」

とのことです。

 

スーパーで売られている刺し身ですが、一つの種類しか入っていない一点盛りと、複数の魚の種類が入っている複数盛りがあるりますね。

 

複数盛りのほうが沢山の刺し身が食べれて良いかもしれませんが、実は圧倒的に一点盛りのほうが複数盛りより買うべきなのです!

 

ということで今回は、刺し身で複数盛りより一点盛りを買うべき理由を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

刺身は盛り合わせより一点盛りを買うべき理由?加工食品扱いでやりたい放題?

実は刺し身の一点盛りは「生鮮食品」、煮たり焼いたりしない生の刺身でも2点盛り以上は「加工食品」という全く違う分類となってしまうのです。

盛り合わせ 一点盛り
(画像引用元:http://www.detox88.com/additive/?p=1579)

これは2015年に「食品表示法」が、従来のJAS法・食品衛生法・健康増進法の「食品表示」の部分だけを集合・統一した法律で、客のことは考えておらず業者よりの考え方で作られました。

 

そして、例えばマグロやイカが入っていると異なる種類の食材が入っていることから、日本では加工食品になるルールになってしまいます。

 

そのため二点盛り以上は生の刺し身でも「加工食品」扱いとなるので、複数盛りがヤバく、一点盛りを買うべきなのです。

複数盛りは「加工食品」だから加工し放題?

一点盛りは「生鮮食品」のため、何も添加してはいけないのが法律となっているので、ある程度は安全が保証されています。

 

それに対して複数盛りは「加工食品」なので、加工しても法律に触れずにやりたい放題なのです。

 

つまりコストカットで悪いマグロを仕入れて、美味しくさせるために着色料や油脂、食品添加物等を使っている場合があるのです。

盛り合わせ 一点盛り
(画像引用元:http://kireinasekai.net/syokuhintenkadou/)

実際にマグロを赤い着色料と食感をトロっぽくするために事前に植物油に浸したり、イカの味を甘くするために甘味料を使っているケースが多発しているようです。

複数盛りは表示ラベル免除で品質が分からない?

一点盛りは「生鮮食品」のため、表示ラベルに「原産地表示(漁獲海域)」と「解凍・養殖」を表示しなければならない義務があります。

 

それに対して複数盛りは「加工食品」なので、種類によって「原産地表示(漁獲海域)」「解凍・養殖」、または「販売者」も変わってくると表示が多すぎて、業者のことを考えて表示が免除されています。

盛り合わせ 一点盛り
(画像引用元:http://jiyuuni.cocolog-nifty.com/)

そのため「加工食品」は表示しなくてもいいので、ダイオキシンやメタル水銀が非常に高い所や、評判の悪い中国産だったとしても消費者は判断することが出来ないのです。

 

となると、複数盛りの中に中国産があっても、他の食材が日本産であればもともと表示する義務がないので日本産と表示しても問題ないのでしょうか?

 

これは食の安全を考えて表示ラベルを見る消費者にとっては、怖いですね…

スポンサーリンク

刺身は一点盛りは生鮮食品で複数盛りは加工食品で品質・健康面で別物!

業者よりの考えで作られた法律のせいで、刺し身の一点盛りは生鮮食品ですが、複数盛りは加工食品で品質や健康的な面で別物と化しているようです。

 

こういった法律の抜け道を悪用して、上手くコストカットしたりして業者にとっては良いかもしれませんが、消費者にとっては堪ったものではないですね。

 

みなさんもこういった法律の知恵をもっていないと、とんでもない落とし穴にハマっている可能性がありますのでしっかり覚えておきましょう!

 

せばな~