2016年7月31日放送の日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」にオーシャンズ金子として出演する、金子貴俊さん。

 

この企画で数々の強運をみせてきた金子貴俊さんですが、4年前から撮影しようとしていたヒトマキエイ、通称ミニマンタの大群を遂に撮影成功することが出来ました。

場所はメキシコ・コルテス海に大集結している目撃を聞いて、今まで信じて撮影しようと頑張っていました。

 

そんなヒトマキエイですが、

ヒトマキエイってどんな魚?

ヒトマキエイの大群とは?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヒトマキエイ(モブラ)の大群とは?超貴重のミニマンタの群れ!

ヒメイトマキエイ 大群

モブラは、ヒトマキエイはモルジブで言われている魚で、約20種類のモブラがいますが、ダイバーでも区別することが困難のため総じてモブラと呼んでいます。

 

あまりモブラという通称で、細かい種別はされていないようですね…

 

主な餌は、プランクトンを食べており、海水ごと吸い込んでエラを使ってこしとり食べます。

 

ちなみに肉はまずいらしいので、家畜の飼料にしか使いみちはないとのことです…

ヒトマキエイ(モブラ)は臆病?ミニマンタの大群を発見!

モブラは数匹で群れていることが多いのですが、非常に大きな群れを形成する場合もあります。

 

そして2012年に「ナショナルジオグラフィック」誌の取材チームが撮った写真がモブラの大群が話題となりました。

今回、金子貴俊さんも4年ほど前からモブラを撮影しようと挑戦していました。

 

しかし、モブラはマンタより非常に警戒心が強く、近づくことすら困難です。

ダイバーの泡が通過しようとすれば、マンタの大群が避けて分裂するほどで、そのためヒトマキエイの大群を撮影は困難を極めたはずです。

 

そのため、モブラの大群を撮影するのはプロでも非常に困難ということなのでしょう。

スポンサーリンク

超貴重のヒトマキエイ(モブラ)大群の撮影!ミニマンタの群れの映像!

たったの4年間でミニマンタの大群で、しかも世界的な映像を撮影出来たとなると、かなり凄いことを金子貴俊さん。

 

強運とは言われていましたが、一体今回はどれだけ凄い映像を残したのか気になりますね。

大群だけでも凄いのに、世界的な映像となると期待度が高まりますね。

 

みなさんも警戒心が強いモブラの大群は超貴重なので、遭遇したらあなたも金子貴俊さんのように強運の持ち主かもしれませんね。

 

せばな~