2016年12月13日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演するアニソンシンガーとしてもデビューしている異色のアナ、宮島咲良さんが初出演します。

 

宮島咲良さんは戦隊マニアぶりを発揮して、周りをドン引きさせるほどとの事ですが、それほど好きになった理由は何でしょうかね?

 

そしてどれくらい戦隊マニアなのでしょうか?

 

ということで今回は宮島咲良アナについて、

宮島咲良のプロフィール

宮島咲良が戦隊マニアになったきっかけは?

宮島咲良はどれくらい戦隊マニアなの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

宮島咲良 プロフィール

宮島咲良 戦隊
(画像引用元:https://twitter.com/deguchihiroyuki/status/720480223750463495)

愛称      さくら みやみや
出身地     東京都江戸川区
生年月日    1983年11月9日
血液型     O型
最終学歴    共立女子大学文芸学部卒業
所属事務所   ワタナベエンターテインメント
職歴      青文字系読者モデル、タレント、九州朝日放送アナウンサー
活動期間    1999年 ~
ジャンル    情報・サブカルチャー

 

1999年の16歳の時に雑誌「MORE」にてデビューし、大学卒業までファッション雑誌「CUTiE」の「カリスマキッズ」と呼ばれるレギュラーモデルを始めて、青文字系雑誌の読者モデルとして活動していた宮島咲良さん。

 

その後は2006年9~12月までweathernewsのお天気キャスターを経て、2007年4月にKBC九州朝日放送入社します。

 

KBC九州朝日放送入社した年には全国系列局で行われる第6回ANNアナウンサー賞原稿のあるもの部門にて史上入社一年目初の奨励賞を受賞します。

 

2010年3月23日には九州朝日放送(KBC)との3年間の契約を終了して、ワタナベエンターテインメントに所属してフリーアナウンサーとして活動をします。

 

それだけでなく、2011年4月には週刊プレイボーイにて初グラビアデビュー、2014年には4月にはテレビアニメ「くつだる。」のOPとEDを担当し、歌手デビューとマルチに活動をこなしています。

宮島咲良は戦隊オタクはどれ位?特撮ヒーローマニアでフリーアナに転身?

戦隊が好きすぎて普段からアカレンジャーのフィギュアを持ち歩き、ファッションに色味等で戦隊感を出そうと努力している宮島咲良さん。

宮島咲良 ヒーロー
(画像引用元:http://promo.search.yahoo.co.jp/articles/schpickup/miyajima_sakura.html)

そのため子供には良くは話しかけられますが、母親に変な人だと思われて、子供を遠ざけられています。

宮島咲良は戦隊が好きすぎてバンダイに引かれる!部屋はオモチャだらけ!

戦隊モノは話が進むにつれてアイテムがパワーアップしてどんどんロボのオモチャと一緒に発売されますが、宮島咲良アナは主要なオモチャはすべて買っているようです。

 

そのため、もともと漫画も好きで多いことから部屋は漫画とフィギュアと戦隊グッズとCDと洋服で埋もれていました。

宮島咲良 戦隊
(画像引用元:http://rakiam.com/miyajima-sakura-room-dirty-nakainomado-2166/2)

現在は「直撃!コロシアム!! ズバッと!TV」の企画にて整理されているようです。

 

また戦隊関係のイベントにも可能な限り顔を出しており、バンダイでも戦隊関係の部署の方々には完全に認知されて、「うわっ」「やばい!」と言われる扱いとのことです。

戦隊好きはイケメン目的ではない!

女性で戦隊等の特撮好きとなると、イケメンの俳優目的と思われますが宮島咲良アナは一味違うようです。

「特撮の中でも戦隊物が好きな理由は子供向けを貫いているところ。
シリアスな作品も多い『仮面ライダー』シリーズと比べたら、もしかすると大人の視聴者は物足りなく感じる部分もあるのかもしれませんが、けっして雑な作りをしているわけじゃないんです。
コミカルな世界の中に成長してもずっと残るようなメッセージが込められている。
子供向けだけど子供だましじゃないのが魅力ですね。
大人になって戦隊物を見るのをやめちゃった人は、正直もったいないと思っちゃいます」

また宮島咲良アナはバトルやロボが純粋に好きで、俳優さんが好きで見ているのは受け入れられやすいが、女性がロボ等のマニアな所が好きというと引かれるので隠す状況を打破しようとしているようです。

 

だから宮島咲良アナは戦隊好きでマニアックな所をアピールすることで、世間に女性でもイケメン俳優目的だけでなく、ロボ等のマニアックな所で好きなっても堂々と出来るように、世間の冷ややかの目に今日も闘っているようです

宮島咲良アナが戦隊を好きになったきっかけは?

実は戦隊ものにハマったのは二十歳を過ぎてからでした。

宮島咲良 戦隊
(画像引用元:http://marathon-navi.com/宮島咲良-結婚-彼氏-テゴマス-大学-アナウンサー-1264)

最初は、特撮の音楽は小さい頃に見ていた主題歌が今でも歌えるほどのキャッチーさに衝撃を受けて、元々好きな音楽からハマっていきました。

 

それから戦隊モノにどっぷりハマったようです。

宮島咲良アナは戦隊の歌を歌うためにフリーアナへ!そして念願の!

KBC九州朝日放送に所属して3年契約でしたが、残らないかと言われていた宮島咲良アナでしたが、戦隊の歌を歌ったり、声優のあこがれを捨てきれずに退社してナベプロへ所属してフリーアナに転身しました。

 

その後は声優に挑戦するためにレッスンを受けたりと練習を重ねていました。

 

そして遂に声優と、2015年「手裏剣戦隊ニンニンジャー」の挿入歌ロボ曲「忍ばず わっしょい!シュリケンジン」で念願の戦隊歌手デビューを果たします。

宮島咲良アナが師匠と仰ぎ、お世話になっている「忍風戦隊ハリケンジャー」主題歌や「獣電戦隊キョウリュウジャー」EDを手がけている高取ヒデアキさんとのデュエットもしており、その喜びようは計り知れないようです。

スポンサーリンク

宮島咲良アナの戦隊マニア・特撮ヒーローオタクの闘いは始まったばかり!

今日も堂々と戦隊マニアぶりを披露して世間の冷ややかな目と闘っている宮島咲良アナ。

 

ここまで一つのことに情熱を注いでいる宮島咲良アナは、綺麗だけでなくヒーローのようにカッコイイですね!

 

今後も戦隊ヒーロー好きを貫いて、世の女性が堂々と戦隊マニアを公言できるように道を切り開いてい下さい!

 

せばな~