2016年9月7日放送の「一周回って知らない話」に出演したフリーの宮根誠司アナウンサー。

 

そこで宮根誠司さんを東京での知名度の低さとイメージの違いに「大阪に帰る」と言って席を立ったり、

大久保佳代子さんには「ミヤネ屋見る限り、東京の人が嫌いな関西人」と言われて突っ込んでしました。

 

この大久保佳代子さんの酷評で話題となりましたが、ネットでは違う意味で批判が出ています。

 

「宮根誠司はエセ関西人で関西人ではない」

「話し方も関西弁ではありません」

と帰る大阪にも関西人じゃないと言われていました。

 

関西では絶大な人気を誇る宮根誠司さんですが、実は関西人ではない?

 

という事で今回は、

宮根誠司さんは本当は関西人ではない?

関西弁も嘘だった?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

宮根誠司は島根県出身でエセ関西人?関西弁もイントネーションが違う?

 

実は宮根誠司さんは島根県出身の島根県民。

高校までは島根にいており、関西大学経済学部に入学して大阪で暮らし始めたようです。

 

関西弁もいくら関西地方と隣接しているといっても、言葉や方言は全然違うので島根にいた時は関西弁でなかったようです。

 

現在は関西弁を流暢に話しているように見えますが、本場の大阪人からすると「大阪らしく」聞こえるだけで、イントネーションも違うようです。

 

やはり、エセ関西人ということで間違いないのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも関西人の定義って?宮根誠司は?

そもそも関西人は近畿地方に住んでいる、または近畿地方出身の人で近畿方言(=関西弁)を話す方ということになっているようです。

 

一応ある程度の定義が有りますが「関西」といっても結構曖昧で、どこまで指すのか分からないとこ事です。

 

となると宮根誠司さんは今は大阪に在住しており、関西弁は少し違えど一応関西人としては分類されると思われます。

 

後は、定義が曖昧なので関西人が宮根誠司さんを関西人として認めるかという形になると思います。

宮根誠司、関西弁は違えどエセ関西人は嘘?

なかなか関西人というの定義を調べてみましたが曖昧さがあって、正直多くのバリバリの関西人に認められれば、たとえ近畿地方出身でなくとも現在近畿地方に住んでいれば関西人となれると思います。

 

宮根誠司さんの場合、全国でちょっと違う関西弁を話していることにより、多くの視聴者に「エセ関西人」と言われて関西人として認められていないようです。

 

せばな~