2017年の公開のの映画「君と100回目の恋」で主演を務める、シンガーソングライターのmiwaさん。

 

しかし、女性からの嫉妬の声が続出しており、どうやら女性から嫌われています。

その発端は実は前々からあったようです。

 

ということで今回はmiwaさんについて

なぜmiwaさんが現在進行形で嫌われているの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

miwaプロフィール

miwa 嫌い
(画像引用元:http://lineblog.me/miwa/)

生年月日    1990年6月15日
出身地     神奈川県三浦郡葉山町
学歴      慶應義塾大学商学部卒業
ジャンル    J-POP、ポップ・ロック
職業      シンガーソングライター
担当楽器    ボーカル、ギター、ピアノ
活動期間    2007年 ~
レーベル    Sony Records
事務所     トライストーン・エンタテイメント

 

幼い頃から父親の聴く音楽を自然と耳していて、音楽が好きだったmiwaさん。

15歳から作曲を始めるようになり、高校入学後に独学でギターを始めますが、上達しなかったので習って覚えたようです。

 

高校生一年にはデビュー曲に入っている「Wake Up, Break Out!」を制作しており、高校在学中に下北沢ロフトを中心に都内、夏休みなどには父親の実家がある沖縄県等とライブ活動をしていました。

 

ちなみmiwaさんの高校は芸能活動が禁止だったため、友人にも秘密にして活動をしていました。

 

その後も自主制作を続けていましたが、高校3年生になってメジャデビューを果たして本格的に楽曲制作を始めました。

 

2010年には3月3日の1stシングル「don’t cry anymore」をリリースしてデビューを果はして以降は様々な楽曲を夜に出し続けています。

 

そのため、第25回日本ゴールドディスク大賞よりザ・ベスト5ニュー・アーティスト受賞や、第91回全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌に起用されたりと大人気。

 

2015年には日本武道館で初の2日間連日アコースティックギター弾き語りライブを行う女性アーティストとして記録をのこしました。

miwaはぶりっこで嫌い?女性から特に嫌われている理由?

シンガーソングライターとして元気はつらつで人気かと思いきや、ぶりっ子していると女性からは批判が出ているようです。

 

発端のとなったのは今は多くの敵を作ってしまったバンド「ゲスの極み乙女」のボーカリストの川谷絵音さんがバンドが売れる前にmiwaさんについてツイートした事が話題となっていました。

miwa 嫌い
(画像引用元:http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/56/2016/2/f/2f9381846e18c2e830caf5f390f47172797c38461452167220.jpg)

この意見に賛同の声が多く、嫌いという人が現れ始めたようです。

 

ただ今となっては川谷玲音さんは「芸能社会自体舐めてる?」と総ツッコミをもらいそうですが…

ベイクのCMでmiwaが男性に媚びていいると嫌われる?

miwaが出演したチョコ菓子「ベイク」のCM発表イベントで語った時は、女性からは「彼氏いないアピールがあざとい」「男ウケに特化した芸能人」といった批判的なコメントが上がっていました。

 

そして「ベイク」のCM自体も男性からは「かわいい」と言われますが、女性からは「男性に媚びるような演技」として嫌われていました。

miwaの映画出演に女性から嫉妬!

2017年2月に公開予定の映画「君と100回目の恋」で主演を務めるmiwaさんですが、この出演に女性から嫉妬が集まっていました。

miwa 嫌い
(画像引用元:http://natalie.mu/music/news/205363)

モデルで俳優の坂口健太郎さんとのキス寸前や接触しているシーンが公開されましたが、その姿に女性から

「主題歌がmiwaっていうのはまだ理解できるけど、なんで主演?」
「歌手が主演するとか、まわりの俳優さんたちかわいそう」
「坂口くんとキスとかマジ許せないんですけど」

といった批判が強いです。

 

前々から男性に媚びていると女性からは批判が出ていましたが、今回の映画のラブシーンを見た女性陣はさらに批判の声が続出ぃそうですね。

スポンサーリンク

映画主演で嫌いが更に加熱!ぶりっこで女性に嫌われているmiwa!

数年前からぶりっ子ということで女性から嫌われているmiwaさん。

 

しかし、そんな批判に負けず、ずっとキャラを通し続けているのはある意味、称賛を送りたいです(素なのかもしれませんが…)

 

個人的には芸能人としてファンに喜ばれているのならそれでいいと思います!

 

これからも女性からの風当たりは強いと思いますが、そんな時は男性に守られてなんとかして下さい!

そして音楽で勝負して良ければ問題ないでしょう!

 

せばな~