バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」ですが、2018年3月に終了することが分かりました。

 

みなおか終了はガセと言ったのに、なぜ終了することが分かり、打ち切りとなったのでしょうか?

 

ということで今回は、みなさんのおかげでしたが終了したことについて紹介したいと思います。


スポンサーリンク

みなさんのおかげでした終了!打ち切り理由は?

2017年12月7日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」の番組内のエンディングにて、とんねるず2人で終了を発表しました。

「とんねるずのみなさんのおかげでした」は30年以上続いた番組であります。

 

番組は1988年10月に「とんねるずのみなさんのおかげです」で始まり、90年代に「ラスタとんねるず」「とんねるずの本汁でしょう!!」などタイトルを変えながら、1997年6月より現在のタイトルとなりました。

みなさんのおかげでした終了はガセって言ったのに…

「(みなさんのおかげでした終了は)事実ではございません。仮の話ですので、現時点では何も決まっていません」

実は2017年12月1日のフジテレビの定例社長会見では、みなさんのおかげでした終了という事実はないと公言していました。

 

この時は同じく長寿番組であるめちゃイケの終了が決まり、同じく打ち切りの噂があったみなさんのおかげでしたも終了するのではと言われていました。

 

しかし、社長会見にて社長自らが否定したので、みなさんのおかげでしたは続行と安堵していました。

 

ところが、蓋を開けてみると、結局はみなさんのおかげでしたも終了と発表してしまいました。

 

やはり、めちゃイケ同様に番組内で正式に終了発表をさせたい思いがあり、そのため事実はないと社長までも嘘をついて隠してくれたのでしょう。

 

ちなみに、めちゃイケでは、たむけんが先にバラしましたが、みなさんのおかげでしたは無事に番組内で発表できたことから、まだ良かったのかもしれませんね。

みなさんのおかげでしたで終了した理由

低視聴率?

打ち切りになっためちゃイケもそうですが、とんねるずも視聴率が一桁台と低迷しており、いつも打ち切り候補として言われていました。

 

それなのに、とんねるずと大御所を使うとなると、かなりのギャラを支払うこととなったり、予算もかさみ番組が存続できなかったでしょう。

 

そのため、低視聴率なのにこれだけ予算をかけたとなると、フジテレビの宮内正喜新社長はコストカットと名高いので、打ち切られたのでしょう。

スポンサーリンク

時代錯誤でLGBTから批判!

低視聴率の原因でもありますが、みなさんのおかげでしたでは時代錯誤な企画が多く、批判されることも多いです。

 

そのことが決定打となったのが、とんねるずの石橋貴明さんが約30年前の保毛尾田保毛男をしたことで、一部のLGBTが批判し、フジテレビが謝罪するまでの事態となったのです。

みなさんのおかげでした終了
(画像引用元:https://cdn-ak2.f.st-hatena.com

ただ、これはあくまでLGBTの一部のみの反応で、他のLGBTは逆に抗議しすぎると駄目と賛否両論の結果を生んでいました。

 

しかし、フジテレビが謝罪までしてしまったのは事実であり、こういった抗議されるような時代錯誤の企画しか無く、打ち切りに至ったのかもしれませんね。

みなさんのおかげでした終了!打ち切り理由は低視聴率か?

低視聴率ということもあり、長年打ち切り候補として言われていたみなさんのおかげでしたですが、ついに終了となりました。

 

しかし、個人的には「食わず嫌い」「細かすぎて伝わらないものまね」等と面白くて無くすにはもったいない企画は沢山あるので、特番でやってもらいたいですね。

 

「みなさんのおかげでした」が終了は残念ですが、後番組が面白いことを期待しましょう…

 

せばな~