「カラオケバトル」で優勝してからバラエティ番組に出演と活躍している、翠千賀さんは高音オペラ魔女と呼ばれています。

 

そして、高音オペラ魔女らしく、ばっちりメイクをしていますが、すっぴんはどうなっているのでしょうか?

 

ということで今回は、高音オペラ魔女・翠千賀さんのすっぴんはどうなっているのか調査したいと思います。


スポンサーリンク

翠千賀のすっぴん画像は?高音オペラ魔女でメイク時と比較!

すっぴんとメイク時を画像比較!

ばっちりメイクで高音オペラ魔女と呼ばれている翠千賀さん。

 

そんな翠千賀さんのすっぴんであろう姿と、メイク時を比べてみると…

翠千賀 すっぴん
(画像引用元:https://ameblo.jp,https://ameblo.jp

印象は変わりますが、すっぴんも綺麗でこれで40歳超えとは美魔女だけ言われているだけありますね。

すっぴん時も性格と同じでキツイ?

翠千賀さんは「カラオケバトル」では勝利への執念がすごすぎて、性格がキツイイメージがあります。

 

そして、そのキツさは顔にも表れているように見えます。

翠千賀 すっぴん
(画像引用元:https://ameblo.jp

これは若干メイクしているもののほぼすっぴんで、眉毛の釣り具合のせいか性格がキツイように見えますね。

 

そのため、すっぴんから見て取れるように、顔まで性格キツイと思われてしまうのかもしれませんね。

スポンサーリンク

翠千賀 プロフィール

翠千賀 画像
(画像引用元:https://stat.ameba.jp

愛称      高音オペラ魔女
生年月日    1975年3月11日
学歴      東京芸術大学音楽学部声楽科
事務所     浅井企画

 

東京芸術大学音楽学部声楽科卒業後は、イタリア 、ミラノ音楽院プロフェッショナルコースで学び、ミラノ市主催のコンサートに出演したりしていました。

 

帰国後は新国立劇場、レオンカヴァッロ作曲「ザザ」で日本初演で主役ザザ役でデビューします。

 

二期会オペラではプッチーニ作曲「蝶々夫人」のケート役でデビューし、宮本亜門演出、「フィガロの結婚」ケルビーノ、オッフェンバック作曲「地獄のオルフェ」ヴィーナス等を演じます。

 

東京室内歌劇場では「魔笛」侍女Ⅱ、「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ、「マノンの肖像」(日本初演)ではジャンを演じています。

 

他にも新国立劇場公演では「ラ・フィアンマ」、2014年10月公演「戯れ事の饗宴」ジネーヴラ、2016年10月「グリゼリディス」等といずれも日本初公演です。

 

また2015年からテレビ東京「カラオケバトル」に度々出演し、番組から「高音オペラ魔女」と呼ばれて知名度を高めています。

翠千賀のすっぴんもキツイ!高音オペラ魔女でメイク時と画像比較したが綺麗!

翠千賀さんのすっぴんもメイク時と相も変わらずお綺麗です。

 

しかし、眉毛の釣り具合のせいで、性格のキツさを表しているように見えます。

 

そんな、キツさを醸し出している綺麗な翠千賀さんですが、個性があって魅力的かと思いますのでこのキャラで更に活躍することを期待しています!

 

せばな~