2017年年10月13日放送の日本テレビ「究極の○×クイズSHOW 超問!真実か?ウソか?」で出題される問題で、気になる問題がありました!

 

「目覚ましにかける音楽はクラシックと歌謡曲どっちがいい?」

 

音楽で爽やかなにだったり、やる気とモチベーションを上げることができそうですが、いったいクラシックと歌謡曲とどっちが良くて、どんな効果があるのでしょうか?

 

ということで今回は、目覚ましにかける音楽はクラシックと歌謡曲どっちがいいのかと、その効果、個人的におすすめの曲を紹介したいと思います。


スポンサーリンク

目覚ましの音楽はクラシックが効果的?個人的おすすめの楽曲を選んでみた!

目覚ましにかける音楽はあらゆる面で良いとされる、クラシックかと思います。

 

クラシック音楽は豊かな周波数と複雑な楽曲が多く、またその構成力といった面や、他のジャンルと比べて一曲を演奏するのに相当な時間がかかります。

 

またクラシックはリズム、メロディ、ハーモニー等が高次元で完成された音楽が多く、人間の脳が全般的に非常に好み、刺激を与えてくれるのです。

 

そのため、目覚まし時計の音楽として、「やる気を起こす」「リラックスする」「仕事や勉強のため集中力を高めていく」等が期待できます。

 

例えば「エンドルフィン」を活性化して快楽や多幸感をもたらしたり、「セロトニン」を刺激させて精神を安定させるだけでなく、自尊心と自信を持つようになります。

 

そして、精神を安定するのは集中力にも繋がり、何かを記憶し覚える作業だったり、作業に没頭する環境を作るのにも良いのです。

 

さらにクラシックは演奏家によって音質・テンポ・強弱・緩急のつけ方等と変わりますので一つの楽曲をとっても楽しめます。

 

だから目覚まし時計にはリラックスややる気を起こす、モチベーションを上げていく等と、あらゆる方々の状況の目覚め方に合わせてクラシックが使いやすくて良いのです。

スポンサーリンク

目覚ましの音楽としておすすめのクラシックは?

自分は、クラシックには詳しくはありませんが、自分の目覚めたい気持ちに合わせて聞いている曲がありますので、以下で紹介していきますね。

さわやかに朝を過ごしたい人向け

バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」

 

パッヘルベル「カノン」

少しずつ集中力を高めてモチベーションを上げたい人向け

ベートーヴェン「ソナタ第5番『春』」

 

第9番「クロイツェル」

やる気を出したい人向け

シューベルト 歌曲集(聞いた中からお好みで)

 

ヨハン・シュトラウス2世「トリッチ・トラッチ・ポルカ 」

目覚ましの音楽はクラシックが効果的!おすすめの楽曲は色々自分で探そう!

目覚ましの音楽どころか、あらゆる面で効果が期待されているクラシック。

 

クラシックは一つの曲をとっても演奏者で変わりますから、「集中力をあげたい」「やる気を起こしたい」等と、自分のその時の望んでいる状態に合わせてください。

 

その時は、クラシックは詳しくなくていいので、自分の感覚で合ったものをチョイスして流しましょう!

 

また聞く時のスピーカー等と機器もいろいろこだわって購入してみて下さい。

 

せばな~