フジテレビの看板番組である「めちゃイケ」が今度こそ打ち切りで終了すると報じています。

 

何度も「めちゃイケ」は打ち切り・終了と言われ続けてここまで継続してきましたが、なぜ今回は信憑性が高いのでしょうか?

 

ということで今回は、めちゃイケが打ち切りになった理由と、あわせて今度こそ本当に打ち切りになる理由を調査したいと思います。


スポンサーリンク

めちゃイケ打ち切り決定がデマじゃない理由?終了の原因は?

20017年11月3日の報道で「みなさんのおかげでした」と同時に「めちゃイケ」も打ち切りと言われています。

めちゃイケ 打ち切り
(画像引用元:http://articleimage.nicoblomaga.jp

そして、「めちゃイケ」は2017年11月4日の番組内で終了を発表するとのことです。

 

番組の終了発表は約3カ月前が通例ですが、約半年前に発表すると異例の発表になるとのことです。

打ち切り・終了の理由

低視聴率

「めちゃイケ」は2004年10月には歴代最高となる視聴率33.2%を記録し、全盛期は常に20%超えで30%も超えるほどの人気でした。

 

しかし、現在は一桁が普通でスペシャルでさえ1桁台となっている始末でした。

 

さらに視聴率は5%台に落ち込むこともあり、だから改編期になると終了がいつもささやかれていました。

新社長の方針

フジテレビは2017年6月から亀山千広前社長に代わって就任した宮内正喜新社長に代わり、大改革を明言していました。

 

そして、宮内正喜新社長はコストカットと名高く「これからは報道の時代」と常日ごろから言っている方でした。

 

そんな中で来年4月に大改編を断行することを決断し、これにより「めちゃイケ」を打ち切ってしまったのです。

スポンサーリンク

めちゃイケ打ち切りが今度こそ本当の理由?

今回のめちゃイケ打ち切りの信憑性が高いと言われている理由は、打ち切りを報じている新聞にフジテレビ系列の産経新聞があるからです。

めちゃイケ 打ち切り
(画像引用元:http://www.geocities.jp

 

今までは7回目も打ち切りを報道していた日刊大衆等と憶測だけの記事が多かったです。

 

しかし、今回のめちゃイケ打ち切り報道はフジテレビ系列の産経新聞も報道しているので、憶測だけの記事を書く可能性が低いです。

 

それだけでなく、今回のめちゃイケ打ち切りの報道は各社一斉に報じてることもあり、今までより信憑性が高いと言われています。

めちゃイケ打ち切り決定がデマじゃない理由は産経新聞?低視聴率で終了!

何度も低視聴率ということで打ち切りと言われてきためちゃイケですが、今度こそ打ち切りのようです。

 

やはり今回の報道は各社一斉であり、フジテレビ系列の産経新聞も報道したとなるとかなり信憑性が高いと言われています。

 

しかし、まだ正式に発表していないので、今度のめちゃイケの放送にはかなり注目が行くでしょうね。

 

せばな~