昨年からソフトバンクホークスに移籍して日本ファンを喜ばせた松坂大輔さん。

しかし、今の所活躍の声も出ておらず、二軍でウエスタンリーグ戦にて2回と待たず9失点と炎上して降板しました。

あの平成の怪物と言われた松坂大輔さんはどこへ行ったのやら…

 

そんな松坂大輔投手なんですが、

松坂大輔さんの現在はどうなっているの?

これほど落ちぶれたのは、何か問題があるの?

気になりましたので、調べて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

松坂大輔の今現在!怪我・病気と精神的にも問題有り?引退もあり得る?

松坂大輔 引退

松坂大輔賛といえば、甲子園の決勝のノーヒット・ノーラン・150km/hの球速と「平成の怪物」と言われていました。

 

西武ライオンズに入団後もプロとして沢村賞・最多勝・最優秀防御率等の輝かしいタイトルを獲得して日本でも大活躍です。

 

そんな活躍をして2007年にはボストンレッドソックスに入団してメジャーリーグでも活躍が期待されました。

しかし、メジャーでは怪我にも悩んで良い成績を残せず、2015年から福岡ソフトバンクホークスに移籍しました。

松坂大輔、メジャーリーグでフォームに悪影?響日本で活躍できず

松坂大輔さんはソフトバンクホークスでは3年で12億円プラス出来高払いの契約しました。

 

破格の年俸で期待されていましたが、かなり周りからの評価は厳しかったです。

迎えたオープン戦ではフォーム躍動感がなく、すっぽ抜けも多くて真っすぐも130キロほどで、投球についてかなり厳しい評価でした。

オープン戦後はインフルエンザを発症して離脱して、更に右肩にも疲労を訴えてかなり絶不調のようです。

 

実はレッドソックス時代に指導された投球フォームの悪癖が完全に染み付いて、コーチも手を焼いてキャンプでも手とり足とり教えてもらっていました。

しかも右肩に違和感で二軍選手とも別行動でリハビリしいました。

その為、自己流で調整して悪癖が治っておらず、事実上の戦力外通告になりかねない状況でした。

 

精神的にもプレッシャーもあってピッチングができる状態ではなかったとソフトバンクホークス関係者からも言われており、心身ともに投手として万全ではありませんでした。

 

2015年のシーズンは結局5月にファームで一試合登板しただけで終わりました。

このことから、ファンからは

「給料泥棒」
「一軍は当分無理だ」

とかなり言われています。

スポンサーリンク

松坂大輔の今現在!いまだ活躍は見せず本当に引退もありえる!

現在は日本復帰後は妻子をアメリカに残して一人で日本で戦っている松坂大輔投手。

身近に支えがいないのもメンタル面での問題の原因となっているのかもしれません。

 

ウエスタリーグでも良い成績を残せず、今度は右手を気にして緊急降板しました。

これもやはり精神的に参っているのでしょうか?

 

松坂世代もどんどん引退もしており、松坂大輔さん自身も引退があり得る状況になってきました。

 

これを打開するのは、まず精神的に支えが必要かと思います。

もう一人でなんとか出来る状況ではないと思います。

そして、初心にもどって今までの長年のプライドもかなぐり捨てて、コーチの指導を一身に受けるのが必要かと思います。

 

できればもう一度「平成の怪物」といわれた、あの姿をもう一度見せていただきたいです。

ここが踏ん張り時だともいますので頑張って頂きたいです。

 

せばな~